北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、北京に留学します。現地での生活、感じたことを書いていきます。

中国や世界の有名人とツーショット!北京マダムタッソーに行ってみた

 


こんにちは、ハルカです。

 

今週から授業が始まり、友達もでき始めました。

先日、フランス人と韓国人のクラスメイトと一緒に北京マダムタッソーへ行ってきました!

 

マダムタッソーとは

世界中で展開しているろう人形館です。

有名人そっくりなろう人形が展示してあり、写真を撮るなどして楽しむことができます。

日本にもお台場に「マダムタッソー東京」があるので、知っている人も多いかもしれません。

 

北京マダムタッソー(北京杜莎夫人蜡像馆)

 

上海、武漢に続き2014年にオープンした中国で一番新しいマダムタッソーです。

天安門から少し離れた前門大街にあります。

 

所在地:东城区前门大街8号

最寄り駅:地下鉄2号線「前门」

公式サイト:https://www1.madametussauds.com/beijing/

f:id:chunhua1223:20170915151856j:plain

 

料金

f:id:chunhua1223:20170915152134j:plain

普通チケット(ガイドブック付):大人180元、学生130元、子供・シニア110元
プレミアムチケット(ガイドブック、写真又は手形づくり付):大人200元、学生150元
VIPチケット(プレミアムチケット+バッグ付):大人・学生499元
 
普通チケットの学生料金で入りましたが、別料金で撮ってもらった写真を買おうと思うと70元くらいでした。写真が欲しいなら、プレミアムチケットを買うといいですね。
 

注意

近年、中国では多くのところでwechatやアリペイなどのアプリでの支払いができるようになっています。しかしマダムタッソーでは使えませんでした!アプリ支払い前提で現金をあまり多く持ち歩いていなかったので、ATMへ行くことに・・・。 現金は多めに持っておきましょう。
(前門大街には中国農業銀行中国建設銀行のATMがあります)
 
 

展示

中国・海外、政治家、歌手、俳優、スポーツ選手などジャンルごとに展示してあります。
 

中国の有名人

 

f:id:chunhua1223:20170913161440j:plain

杨利伟(宇宙飛行士)

f:id:chunhua1223:20170915162558j:plain

周杰伦(歌手)

中国・台湾で大人気のJ Chouこと周杰伦。私も大好きです!

意外と小柄なんですね~

f:id:chunhua1223:20170915160754j:plain

姚明(中国初のNBA選手)

身長2m29cm!!手を挙げているので私の倍くらいあるように見えます・・・!

f:id:chunhua1223:20170915174111j:plain

杨洋(俳優)

きゃー(/ω\)

f:id:chunhua1223:20170915175901j:plain

鹿晗(EXOのメンバー)

大ファンらしく、ルーハンにキスする友達(笑)

 

世界の有名人

 

 

 

f:id:chunhua1223:20170915174958j:plain

出口にいます。

 

f:id:chunhua1223:20170915174558j:plain

f:id:chunhua1223:20170915160905j:plain

自撮りもできちゃいます。

f:id:chunhua1223:20170915160811j:plain

小道具まで。

 

まとめ

まだまだたくさん写真を撮りました!

北京を除いても初めてマダムタッソーへ行きましたが、とても楽しかったです。

その国ならではの有名人にも会えるので、色んな国で行ってみるのも面白そう!

 

 

マダムタッソーのある前門大街は買い物やごはんを食べるところがたくさん。

天安門からも近いです。観光のついでに行けるのもいいですね。

 

 

ちなみに、入場料は学生130元(約2200円)でしたが、アメリカに留学している友達曰くハリウッドでは45$(約4900円)だそうです!

東京では3000円。

北京を旅行される際に行ってみてはいかがですか?^^

ルームメイトは〇〇人!

こんにちは、ハルカです。

 

私は北京第二外国語学院のキャンパス内にある、留学生寮で生活しています。

f:id:chunhua1223:20170910192707j:plain

 

寮は基本的に2人部屋です(1人部屋を希望する人は2人分の値段を支払って使うそうです)。

 

私は中国政府奨学金で留学に来ているので、寮費も免除になっています。

奨学金に含まれるものはこちらをご覧ください:中国政府公費留学(2017年)~出願編~ - 北京留学あれこれ日記

部屋とルームメイトは、着いたら既に決められていました。

 

最初の3日間は1人でしたが、4日目の朝ルームメイトが到着。

 

 

韓国人留学生が多いと聞いていたので韓国人かな~とか、

日本人と合わないことが多いという、なんとかスタン人(タジキスタンとかトルクメニスタンとか)だったらどうしようとか、

 

あれこれ予想していましたが・・・

 

 

 

ミャンマーでした!!

f:id:chunhua1223:20170908214206j:plain

という訳で、ミャンマー人とひとつ屋根の下で暮らしています。

 

寮の中でも私の住んでいるエリアは国費留学生が多いらしく、ルームメイトも同じ奨学金で来ています。

私は語学の勉強ですが、彼女は旅行管理を勉強するそうです。

 

35歳とだいぶ年上ですが、平和に仲良く生活しています。

ミャンマーだけあって、親日のようです。日本にも来たことがあるとか!

 

 

 

しかし完全に予想外なことが一つ。

ルームメイトは中国語が全くできないんです。

だから部屋では英語

 

私も中国語よりは英語の方が得意なので、ホッとしつつも最初は

「中国語を勉強しに来たのに・・・」

と思ってしまいました。

 

でも、中国語を勉強しながら英語も伸ばせる!と思うことにしました。

むしろオイシイかもしれません!^^

 

 

 

 

ミャンマー人との共同生活、けっこう快適に暮らしています(少なくとも私の方は)。

 

f:id:chunhua1223:20170908214442j:plain

 「日本で買うとけっこう高いよ」と言ってミャンマーのお土産をくれました。

 

 

f:id:chunhua1223:20170910193236j:plain

ミャンマー料理(?)を作ってくれたり。

右は卵とツナのスープ。日本人好みな感じでした。

左はピリ辛の麺に野菜を入れたもの。

一緒に作った友達がベジタリアンなので今回の具材は野菜だけでしたが、鶏肉を入れたりもするみたいです。

どちらも美味しかったです。ありがとう\(^o^)/

 

 

 

ルームメイトは中国語が話せないと書きましたが、すごく勉強家で、頑張って中国語も勉強しているので「私も頑張ろう」と思えます!

英語と母語ビルマ語はもちろん、スペイン語もできるので教えてもらったり。

なかなか面白いです。

 

国も言葉も年齢も違うけれど、こうして一緒に暮らしているなんて不思議なご縁だな〜と思います。

 

上手くやっていけそうで良かった!

よろしくね!

 

いよいよ明日から授業が始まります。

 

 

大学でも始業式!日本とは違う中国の新学期

こんにちは、ハルカです。

北京に来て約1週間が過ぎました。

今のところ、毎日快適な気候です。生活にも少しずつ慣れてきました。

 

 

中国の学校は9月始まりです。

日本の大学の新学期とは違うところがたくさん!なかなか面白いですよ。

f:id:chunhua1223:20170906154504j:plain

 

新生活の準備

日用品の購入

中国の大学生は、大学の寮、もしくは大学の近くのアパートなどに住むのが一般的。

私もキャンパス内の留学生寮に住んでいます。

 

日本は毎日遠くから通ってくる人も少なくないですよね。

私も日本では実家暮らしで、毎日片道1時間以上かけて通っていました。

キャンパス内に住めるなんて便利で嬉しいです(笑)

f:id:chunhua1223:20170906154236j:plain

新入生のために、数日間だけキャンパス内に日用品を売る店が出ていました。

勉強用具や、洗濯や入浴の道具、延長コードなど。

ベッドのマットレスまで!

f:id:chunhua1223:20170906155433j:plain

スーパーなどに比べ値段が高めだったようですが、学内で売ってくれるのは便利ですね。

 

SIMカードと電話番号

中国のスマホは、本体とSIMカードを別々に購入します。

学内にも店があり、私は中国移动でSIMを買いました。

新学期なので、勧誘がすごいです(笑)

 

外国人が購入するときは、パスポートを持参します。

f:id:chunhua1223:20170906155536j:plain

電話番号は好きなものを選ぶことができます。

 

f:id:chunhua1223:20170906155737j:plain

1年間なので、200元の方で。

その場でSIMを入れてくれて、すぐに使えるようになりました。

 

开学典礼(始業式)

私は本科生ではないですが、どんなものか気になって、本科の新入生の始業式に参加してきました(笑)

f:id:chunhua1223:20170906152603j:plain

始業式は朝7時から!

眠たい目をこすりながらグラウンドに集合です。

 

f:id:chunhua1223:20170906152314j:plain

学部・学科別に並びます。

私は英語学科の列に紛れて並んでいました(笑)

 

 

日本と同じように国家を歌い(口パクしてました笑)、国旗掲揚

日本と違うのは掲揚の際、軍服をした人が掲揚塔まで行進していたところ。

 

そのあと偉い先生方、新入生代表、上級生代表のあいさつがあり、1時間程度で終わりました。あまり聞き取れませんでしたが・・・。

 

北京第二外国語学院のwechatアカウントで、典礼の様子が紹介されていました。

 http://mp.weixin.qq.com/s/X9MpW0I-ZA-ItrDgUyq7hA

 

 

これから新入生は2週間(2年生以上はもう少し短いそう)、軍隊の訓練のため、本科の授業はまだ始まりません。中国ならではですね。

 

男の子も女の子も、おそろいの青い軍服(なかなかお洒落でした)を着て、荷物を持って訓練へ出かけて行きました。

 

 

まとめ

日本と違うところばかりで毎日いろんな発見があります!

中国人の友達も何人かできたので、色々と聞いてみようと思います。

 

いよいよ来週から授業開始です!

 

 

 

いよいよ、出発

 

こんにちは、ハルカです。

 

合宿後の余韻で全く実感がなくなっていましたが。

いよいよ出発の朝。f:id:chunhua1223:20170906162738j:plain

 旅行するために、スーツケースは1個にしてバックパックを持っていきます!

 

バス停で母と別れたら涙がとまりません。

家を出るとき、朝早かったのに妹も起きてくれました。

2人の誕生日は11月と12月なので、今年は一緒に過ごせません。だいぶ早いですが、誕生日プレゼントを渡しました(笑)

ギリギリすぎて徹夜パッキングだったので、メッセージが添えられず残念ですが…。バースデーカードを送ろうかな。

 

前日、おばあちゃんに顔を見せに行きました。

寂しい寂しいって泣きながらも

「自分にだけは負けるな」

と、力強い言葉をもらいました。はい、頑張ってきます!

 

 

 

朝7時だというのに、大学の親友2人が見送りに来てくれました。

f:id:chunhua1223:20170906163711j:plain

一人は同じ日の昼の便で、同じく1年間フランスへ。もう一人は1年間国内インターンをします。

私含め3人とも休学で行くので、みんな仲良く5年生(笑)

それぞれ充実した1年にしようね!来年会えるのを楽しみにしています。

手紙書くよ~(´;ω;`)

 

 

 

夏休み中、たくさんの人が会ってくれて、応援してもらって、本当に幸せです。

ありがとうございました。

 

元気に行ってきます!!✈️🇨🇳

 

中国政府奨学金壮行会2017

 

こんにちは、ハルカです。

 

8月18日(金)に、中国政府奨学金の留学壮行会に参加させていただきました。

会場である中国大使館教育処が土日休みの関係で、毎年これくらいの時期の平日に行われるそうです。

 

中国政府奨学金は、主に文部科学省日中友好協会から推薦されます。

私は両者から内定をいただき、日中友好協会を通して留学することにしました。

 

f:id:chunhua1223:20170820163219j:plain

服装

「何を着ていけばいいんだろう?」と思っていたら、前日に日中友好協会からメールで「正装」と連絡があったので、日中友好協会から留学する人はスーツで来ていました(私もスーツで行きました)。

文部省の人は何も連絡がなかったようで、カジュアルフォーマルな感じの人が多かったです。

女性は特に、スーツでなくても大丈夫な雰囲気でした。

真夏にスーツは暑かった。。

迷ったらスーツで行けば間違いない、という感じです。

 

交流会

中国大使館や文部科学省の方のあいさつがあり、その後奨学金生代表のことば、そして過去に中国政府奨学金で留学を経験された方のお話がありました。

 

その後中国の紹介VTRを見て、立食形式の交流会。

水餃子、春巻きなどの料理、まさかのお寿司!、ビールやデザートまで。

 

最初に配られた名札に大学名が書かれていたので同じ北京第二外国語大学に行く人を探しましたが、見つかりませんでした。残念!

(現地に来てから、もう1人いることが分かりました!自由参加のため壮行会には参加しなかったそうです)

北京大学、精華大学、上海の復旦大学上海交通大学に行く人が多かった印象です。

 

北京大学を含め、北京の他の大学に行く人はたくさんいたので情報交換や現地で再会するため微信(wechat)の連絡先を交換しました。

違う都市に行く人とも、「旅行で行くときは連絡し合いましょう」と連絡先を交換。

今まで微信の友達は家族と中国人の友達がほとんどでしたが、一気に日本人が増えました(笑)

 

日中友好協会から行く人は、事前にあった研修会(私は欠席したので後日音声が送られてきました)のときに微信のグループを作ったとのことだったので、あとから入れてもらいました。

便利な時代です。

 

あ、寮の人に賄賂を渡すと部屋のグレードが上がると聞いたので、お菓子でも持って行こうと思います(笑)

こういう情報大事ですね。うん。

 

再会

日中友好協会、文部科学省(日本学生支援機構)それぞれの面接で同じグループだった人たちと再会できました。

それぞれ第一希望の大学に決まっていてよかった!

 

色んな人と話したところ、第一希望に行けるという人が多かったです。

補欠合格だった人は希望と違う大学になったそうですが、日本での専攻が学べる大学とのことだったので、そういった配慮かもしれませんね。

 

まとめ

他の奨学金生のみなさんと話して、それぞれ志を持っている人ばかりで刺激になりました。

日中友好協会は同窓会があるなど、今後も他の奨学金生やOBOGの方と繋がっていく機会がありそうです。

 

奨学金生代表で話した友人が言っていた

「一人一人が日本人の代表」という言葉に共感しました。

しっかり自覚をもって行動し、良い留学にしようと思いました。

 

 

さて、留学5日前まで合宿で熊本へ行ってきます。

名古屋から往復夜行バスで片道11時間半・・・頑張ります(笑)

帰って来たら急いで荷造りと免許更新の講習に行かねば!

バイト最終日!とってもあったかいゲストハウスで過ごした日々

こんにちは、ハルカです。

 

気づけば留学まで2週間を切っています。

先日は、お世話になったバイト先のラスト出勤でした。

 

f:id:chunhua1223:20170820150656j:plain

 

1階がカフェ/バー、2階から上がゲストハウスになってるところで働いていました。

昨年インターンで1ヶ月ほどお世話になり、その後そのままバイトに収まりました(笑)

 

 

大好きなスタッフの皆さん、世界中から集まるゲストたち、地元の常連さん。

 たくさんの素敵な出会いに恵まれ、勉強させてもらい、ここで仕事ができて幸せでした!

 

いつも「行ってらっしゃ~い!」とゲストを見送りますが、最終日は見送ってもらう側。

皆さんの温かさ、まだここに居たいという名残惜しさで、泣きそうになりました。

 

 

自信もって帰って来られるよう、頑張ります!行ってきます!

ありがとうございました!

 

中国留学準備あれこれ~ビザの申請(名古屋)~

 

こんにちは、ハルカです。

 

留学先が決まってから、色々と準備を進めています。

ビザを申請し、受け取ってきました!

 

 

 

f:id:chunhua1223:20170814195855j:plain

ビザの種類

中国の留学ビザは、留学期間によって2種類に分けられます。

 

昨年の南京留学は1か月間だったため、180日以下のX2ビザでした。

今回は180日以上の留学なので、X1ビザです。

 

ビザ申請に必要なもの 

申請に必要な書類は以下のものです。

・パスポート

・外国留学人員来華ビザ申請表 (原本、コピー1部)

・録取(入学)通知書 (原本、コピー1部)

・証明写真 (1枚) ※6か月以内撮影、縦4.8cm×横3.3cm、背景は白色

 

提出書類の注意点

 ビザ申請表

・全ての欄を埋める。記入の必要がない箇所は「無し」と書く

・中国入国予定日:前後しても問題なし

・中国滞在予定最大日数:X1ビザは入国後30日以内に居留証を申請するので、「0000」と記入する

・旅費及び滞在費の負担者:「本人」と記入(奨学金だからどうなんだろう?と迷いました^^;)

 

ビザ申請表・録取(入学)通知書

・コピーは日付と氏名を記入後にコピーしたもの

(記入前にコピーしてしまったので、1枚10円でその場でコピーし直してもらいました)

 

 

 名古屋ビザ申請センター

業者に依頼せず自分でビザを申請する場合、東京、大阪、名古屋で申請することができます。

私は愛知県に住んでいるので、名古屋で申請しました。

 

南京留学のときは名古屋領事館で申請しましたが、2016年10月からビザ関連の業務は中国査証申請センター(中国査証申請服务中心)に移されました。

場所も領事館とは別のところです。

 

f:id:chunhua1223:20170814114754j:plain

 

中国査証申請センター(中国査証申請服务中心)

所在地:名古屋市中区錦一丁目5番11号名古屋伊藤忠ビル4階413号室 

営業日:月曜~金曜(祝日を除く)

申請受付:午前9時~午後3時

支払い・受け取り:午前9時~午後2時

Chinese Visa Application Service Center

 

行き方

名古屋市営地下鉄

東山線/鶴舞線 伏見駅10番出口より徒歩3分

(桜通線丸の内駅と伏見駅の真ん中あたりですが、丸の内駅からだと歩道橋を渡ることになるので伏見駅の方が近いです)

Google マップ

 

f:id:chunhua1223:20170814112644j:plain

 

申請・受け取り 

昨年、領事館で申請した時はかなり混雑していて待ちましたが、中国査証申請サービスセンターは申請も受け取りも、待ち時間なく対応していただけました。

 

対応してくれたおじさんも優しく、「私も北京の出身です。二外(北京第二外国語学院)ですか、いい大学ですよ」と話してくれました。

 

 

証明写真機があるので、申請表に貼る写真はその場で撮影することも可能です。

書類と一緒に渡すと、切ってビザ申請表に貼ってくれます。

 

ビザの受け取りは6営業日後からです。

名古屋では普通申請のみで、特急申請・緊急申請はできません

余裕を持って申請しましょう。

 

まとめ

ビザは日中友好協会や業者に頼むことも可能ですが、手数料がかかるので私は自分で申請しました。

 

留学志願の時の書類よりもよっぽど簡単なので、東京・大阪・名古屋近郊の方は自分で申請した方がいいかもしれませんね。

 

余裕を持って、とは言っても公費留学は行き先が決まり書類が届くのが出発1か月前なので、届き次第すぐに申請することをおすすめします。