北京留学あれこれ日記

中国政府奨学金で北京に留学中。旅行、写真、食べること、音楽、そして…顔はめパネルが好きです。

内装も凄い!北京の中心にある国立劇場「国家大劇院」での演奏会

こんにちは、ハルカです。

 

 

天安門広場のすぐ隣には、国家大劇院という国立劇場があります。

f:id:chunhua1223:20180420160828j:image

 

先日、ここで行われたマリインスキー交響楽団の演奏会へ行ってきました!

 

 

ブログの紹介に「音楽」とも書いてあるのに、初の音楽関係の記事です(笑)

 

 

 

 

 

国家大劇院

f:id:chunhua1223:20180420102221j:image

 

中国唯一の国立劇場で、2007年にオープンしました。

 

卵型のようなデザインで、周りは人工池になっています。フランス人建築家ポール・アンドリューの設計です。

 

地下も10階分ほどあり、北京で一番地下が深い建物だそうです。

 

 

館内はコンサートホール、オペラ劇場、小劇場に分かれていて、それぞれ独立していますが回廊で繋がっています。

 

私が今回行った演奏会はコンサートホールでの公演でした。

 

 

そういえば、今使っている教科書の表紙です。

f:id:chunhua1223:20180420162758j:image

 

 

 

国家大劇院についてはこちらで詳しく説明されています→中国国家大劇院_中国網_日本語

 

公式HP(中/英)→国家大剧院

 

 

 

 

アクセス

天安門広場広場の西側にあります。

 

地下鉄1号線天安門西駅で降りると、国家大劇院に直通しているので便利です。

f:id:chunhua1223:20180420102149j:image

 

 

 

 

入ります!

入り口は地下です。

f:id:chunhua1223:20180420140748j:image

 

 

 

 

チケットはこんな感じ。ネットで買って、事前に届いていました。中国人の身分証があれば当日機械で発券もできるのかも?(よくわかりませんでした)

f:id:chunhua1223:20180420140448j:image

右端の「音乐厅」というのは会場はコンサートホールという意味です。

 

 

 

 

チケット確認後、荷物検査があります。

液体とカメラは持ち込めません。カメラを持っていたので、クロークに預けました。綺麗な内装を写真に収めたかったので残念。

f:id:chunhua1223:20180420140718j:image

クロークは、チケットを見せると無料で荷物を預かってくれます。閉園後までチケットを失くさないように注意です。

 

 

 

 

入り口から入ってすぐの通路。地上は建物の周りが人工池になっているので、ホールへ行くには池の下を通っていることになります。

f:id:chunhua1223:20180420102333j:image

 

 

 

 

通路の途中に、中国の演劇などについての展示があります。

f:id:chunhua1223:20180420144257j:image

f:id:chunhua1223:20180420144344j:image

 

 

 

 

先ほどの地下通路を突き当たりまで行って、1階に上がったところ。おおー!!

f:id:chunhua1223:20180420102349j:image

カメラは持ち込み禁止なのでiPhoneのカメラですが、伝わりますでしょうか、この大きさとキラキラ。

からしか見たことがなかったですが、中も凄いですね!

 

 

 

 

こちらはコンサートホールの目の前、先ほどの写真のちょうど裏側です。

f:id:chunhua1223:20180420102410j:image

天井が高く、ガラス張りで綺麗。

 

 

その隣の中国感。改革開放40周年記念コンサートがあるようです。

f:id:chunhua1223:20180420144940j:image

 

 

 

 

 

演奏会

f:id:chunhua1223:20180420143452j:image

(写真:国家大劇院公式weiboより)

 

 

マリインスキー交響楽団

マリインスキー交響楽団は、ロシア🇷🇺のサンクトペテルブルクにあるマリインスキー劇場付属のオーケストラです。

 

2年前にマリインスキー劇場でバレエとオペラを観ましたが、まさか北京で演奏会に行けるとは!来中のタイミングで北京にいて良かった(泣)

 

2年前のロシア旅行記がこちら。マリインスキー劇場についても触れています→女子旅にロシア?私が旧首都サンクトペテルブルクをおすすめするワケ | Backpackers Wire

 

 

 

ちなみに、今年2018年秋にはマリインスキー・バレエの日本公演があるようです。マリインスキー・バレエ 来日公演2018 特設サイト―マリインスキーのすべて―

 

 

 

 

プログラム

f:id:chunhua1223:20180420143718j:image

指揮者は、マリインスキー劇場の芸術監督も務めるワレリー・ゲルギエフ氏。

 

二日間の公演で、私が行った1日目は、全てロシアの作曲家ムソルグスキーの曲でした。

 

メインの展覧会の絵という曲しか知りませんでしたが、素晴らしかったです。

 

 

ちなみに、写真のプログラム冊子は有料でした。一部15元(約255円)。日本のコンサートなら無料で配っているのに…。

せっかく買ったので、中国語と英語で頑張って読みました。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180420141951j:image

私は一番安い席(100元/約1700円)だったので、オーケストラの真後ろの席でした。

 

パイプオルガンのすぐ隣の席。

f:id:chunhua1223:20180420142357j:image

 

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180420142946j:image

(写真:国家大劇院公式weiboより)

 

音楽を聴く条件は良くないですが、ゲルギエフさんの指揮が真正面から見られて良かったです。前の席では指揮者は後ろ姿しか見えませんからね。

 

 

フルート奏者の息づかいまで聞こえたり、打楽器奏者の素晴らしい技術が良く見えたり。

私は昔、吹奏楽オーボエをやっていたので、奏者側からの角度で見るのはけっこう好きです。

 

 

 

 

感想

後ろの席からでしたが、展覧会の絵」の冒頭のトランペット🎺ソロ(恐らく誰でも聞いたことがあるメロディです)が素晴らしかったです。

 

 

今回のプログラムは他の楽曲に比べてオーボエソロが少なめでしたが、それでも所々聴こえてくる音にうっとり。

オーボエをやっていたので、どうしても気になってしまいます。

 

 

後ろからだったので、普段見えない打楽器奏者の様子が良く見えました。語彙不足で「凄い」としか言えませんが、本当に凄いです。シンバルに感動しました。

(打楽器は叩くだけと思ってる方、奥が深いんですよ!)

 

 

あと、「展覧会の絵」ではオーケストラでは珍しくアルトサックス🎷が登場します。サックス奏者が来るのかと思ったら、2ndクラリネットの方が持ち替えで演奏していました。すごい、二刀流!

あまり詳しくないですが、これって普通なんでしょうか?

 

 

弦楽器は細かくは分かりませんが、全体として期待通り、いや期待以上の演奏で幸せな時間となりました。

次は良い席で聴きたい…。

 

 

 

 

マナー

演奏会はとても満足でしたが、静かで緊張感のある場面で咳払いをしたり、携帯が鳴り出したり、気になる点がありました。

 

日本での演奏会でも無いとは言えませんが、日本より多かったと思います。

 

 

また、スマホで演奏中に動画や写真を撮っている人も多かったです。多少周りに配慮しているものの、公演の様子を録音・録画するのはマナー違反ですし、気分が良くありません。

(私が撮った写真は休憩中や開演前のものです)

 

 

全員のマナーが悪い訳ではありませんが、そういう人が多いと感じました。反面教師にして、自分は良い観客であろうと思いました。

 

 

 

 

注意すること

国家大劇院は広く、ギリギリに入場すると開演に間に合わないかもしれません。コンサートホールに着いてから、自分の席に近い入り口が分からず少し迷いました。

早めに行きましょう。

 

私は30分前に入場しましたが、展示があったり内装を楽しんだりできたので、もっと早く行っても良かったなと思ったくらいです。

 

私はあまり見ませんでしたが、中にはカフェやCDやグッズを販売しているショップがあるので、早く行って暇になる事はありません。

 

 

 

ちなみに、ドレスコードは特にないのでそこまで気を使うことはありません。日本での演奏会と同じ感覚で良いと思います。少し綺麗目な服装で行くと良いかな、くらいです。

Tシャツの人もいました。

 

2年前マリインスキー劇場での公演はさすがヨーロッパ、ドレスコードがありました。持っている中で一番きちんとした服装でいったものの少し恥ずかしかったです(一番良い席で観たからかもしれませんが)。

 

そのため、中国で初の演奏会で少し心配していたのですが、日本と同じ感じでホッとしました。

(やはり欧米の方は中国でもスーツやワンピースなどでドレスアップして来ていました。)

 

 

 

 

まとめ

初めての国家大劇院での演奏会でした。

 

以前からファンだったオーケストラを北京で聴けるなんてラッキーでした!

 

 

北京はさすが首都だけあって、コンサートや劇、バレエなど様々な公演があり、今回のような外国の楽団の公演も頻繁に行われています。

日本で地方に住んでいる私にとっては天国です。嬉しい。

 

 

また機会(とお金)があれば、足を運びたいと思います^ ^

 

 

外観を見るだけでも楽しめるので、天安門広場のついでに行って見るのも良いでしょう。夜はライトアップしていて綺麗です。

 

 

 

 

おまけ

f:id:chunhua1223:20180420153012j:image

国家大劇院は、地下鉄1号線天安門西駅にあります。

 

天安門を挟んで天安門東駅があるので、そのまま地下鉄に乗らず、天安門の前を通って東駅まで歩きました。

 

天安門には何度も行ったことがありますが、夜の天安門は初めてだったのでついでに見られて良かったです。

(パスポートを持っていませんでしたが通れました)

 

【消えたチケット②】騙されていない(と思うことにした)。

こんにちは、ハルカです。

 

 

中国人の友達とトラブルになってしまいました。

 

簡単に言うと、ライブ五月天(mayday)というバンドのチケットを代わりに購入してくれた友達が、私のチケットを勝手に転売してしまったかもしれないのです。

f:id:chunhua1223:20180419145316j:image

 

 

↓前回までの経緯はこちら。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

 

荷物番号を確認

ネットで購入した荷物には全て番号が振られています

 

私は友達が私のチケットを転売してしまったと疑い始めていたので、自分で確認しようと思い、荷物番号を聞きました。

 

おそらくこの時点で、彼女も自分が私に疑われていると気づきはじめたと思います。

 

 

番号を教えてくれたので、信頼できる中国人の友達に荷物の配達状況を電話で確認してもらいました。

 

すると、チケットは12月のうちに既に大学に届いていた事が分かりました。

 

 

え、3月に買ってくれた友達に聞いたらチケットはまだ届いていないと言っていたのに…

 

 

 

「12月に大学に届いてたらしいよ」と伝えると、「メールが来なかったので届いていることに気がつかなかった」と言うのです。

 

メールが来ない?そんなことあるかな〜…

ますます疑惑が増します。

 

 

 

 

お金は返してもらった

彼女は私に疑われていると確信したはずです。

 

そして、彼女の方から「チケットが無くなったのは私の責任だから、お金は私が負担する」と申し出があり、とりあえず私が彼女に払ったチケット代と送料(575元)を返してもらいました。

 

 

金銭的な損失は無くなりましたが、モヤモヤが残ります。

 

私にとって重要なのはお金ではなく、彼女の言う事が本当か嘘か、ということです。

 

 

 

 

その後

お金を私に返したあと、彼女はこうメッセージを送ってきました。

 

 

お金は返したし、これで今回の件は終わり!

私たちは運がなかった。私のチケットも無くなったけど、私は闲鱼(メルカリのようなアプリ)で別のチケットを買ったよ。やっぱり行きたいならそうするといいよ。

 

結果的にあなたには申し訳ないことになったけど、最初は本当に善意でチケットを買うのを手伝った。今回のことがあなたの中国や中国人に対するイメージに影響しないことを願ってる。

バイバイ!👋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はwechatでこう言い残し、

…なんと私をブロックしたのです。

 

 

 

 

 

ブロックまでする!?

後ろめたさが無いのなら、縁を切るようなことはしなくていいはずです。

 

 

 

 

 

 

 

いや、ちょっと待って

ブロックされてビックリしたと同時に、私の中で彼女に対する疑惑が確信に変わりました。

 

ブロックされても友達リクエストを送ることができるので、「ちょっと待って、私もまだ言いたいことがある」とメッセージを送ると、ブロックを解除してくれました。

 

 

ここからは、私も強気でいきました。

 

「この件は終わり」ってどういうこと?それはあなたが決めることじゃないし、私からしたらまだ終わってない。何も解決してない。

 

ブロックまでして何なの?私はあなたを責めたい訳ではいし、怒ってる訳でもない。事実が知りたいだけ。これ以上追求されるのが怖くて逃げたの?

 

 

私がケンカ腰で言うので、彼女も強気で言い返してきます。

 

何で私が逃げなきゃいけないの?私の方が怒ってる。私はあなたにお金を返して責任は取った。私にとっては大損なんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

でも、もし嘘でないとしたら?

冷静に考えると、もし彼女の主張が本当のことだとした、彼女の言う通り彼女にとって今回の件はデメリットしかありません。

 

自分のチケットもなくなり、どうにかならないかと駆け回った挙句私に疑われ、私のチケットまで賠償してくれて、…。

踏んだり蹴ったりです。

 

 

信じられない気持ち8割、もしかしたら本当なのかも?という気持ち2割。

 

 

 

 

中国人の先生に相談

もうどうしていいか、なにを信じていいか分からなくなり、先生に相談しました。

 

状況を説明し、wechatのやり取りを見てもらいました。

 

 

先生の意見は以下の通りでした。

・かなり怪しいけど、嘘をついていない可能性もゼロではない

 

・嘘をついていないとしたら、チケットを探した時のメールのやり取りを私に見せるなど、証拠を見せるべきだった。だから私が疑うのも無理はない。

 

・仲直りしたいと思うなら直接会って話せばいいし、どうでもいい友達ならこのまま会わなくてもいいと思う。

 

 

 

また、先生は「私ならどちらか分からなかったら、良い方だと考える(自分に言い聞かせる)」とアドバイスをしてくださいました。

 

 

 

この言葉を聞き、「友達に騙されてもいないし、疑ったのも悪いことではない」と思い、全て忘れることにしました。

モヤモヤしていましたが、話を聞いて頂いただけでスッキリしました。ありがとうございます。

 

 

直接彼女と会って話したいと思っていましたが、もうどうでも良くなり、忘れました。

 

 

 

 

その後彼女と連絡は取っていません。

友達を一人失ったのかもしれませんが、顔も覚えていないくらいの友達なので気にしないことにします。

 

真相は分かりませんが、色々と学ぶこともあったので良かったことにします。これも経験。

 

 

 

 

 

少なくとも最初は善意だったはず

もし彼女が最初からチケットを売って一儲けしようと考えていたら、私のチケットではなく自分で余分に購入しておくはずです。

 

つまり、少なくとも私がチケットの購入を頼んだ12月の時点では、完全なる善意で頼まれてくれた訳です。

 

私と連絡を取って「どの値段のチケットにする」とか「席はどこにする」とか、「天津に行くには北京南駅だよ、良かったら一緒に行こう」とまで言ってくれていたのです。

 

 

チケット紛失の真相は分からずじまいですが、面倒だったはずなのに購入を手伝ってくれた彼女に感謝しています。

もう伝える機会もありませんが。

 

 

 

 

 

学んだこと

まず、彼女にチケットの購入を頼みましたが、頼む相手を選ぶべきだったと思います。

 

同じ大学の学生であることは確かですが、関係が深い訳でもない相手にお願いしたのは良くなかったです。

 

購入の際に身分証番号が必要ですが、ライブ当日に照合がある訳ではない(買うときに必要なだけ)という事を知らなかったのもいけなかったですね。

 

仲のいい中国人の友達に相談するなどすればよかったです。

 

 

 

 

ライブはどうする?

ライブは諦めようと思いましたが、もともと行くはずだったのに行けないのは悔しいし、後々後悔すると思いました。

 

そこで、メルカリのようなアプリで出品されていたチケットを購入しました。50元(約850円)ほどもとの値段より高かったですが、良心的な値段だと思います。

 

 

よって、ライブには!!

行けます!!!!!

ご心配をおかけしました。

 

 

 

 

チケットが届いてみたら、こんな風にメッセージ付きでした。

「楽しんでね」というメッセージと、五月天の曲の歌詞が書いてあります!

f:id:chunhua1223:20180419181921j:image

売ってくれた人(学生でした)のちょっとした粋な計らいが、これまでのゴタゴタと沈んだ気持ちをライブへの期待へと変えてくれました。

 

 

という事で、ライブを楽しみにHSKと中間テスト頑張ります( ˆoˆ )/

 

 

【消えたチケット①】友達に騙された(かもしれない)。

こんにちは、ハルカです。

 

 

中国人の友達に五月天(mayday)というバンドのコンサートチケットの購入を頼んだのですが、トラブルが発生。

 

↓チケットが無くなってしまったのです。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

…と思っていましたが。

もしかしたら、その友達に騙されたかもしれません…。

 

 

経緯を説明します。

 

 

 

 

2017年12月

f:id:chunhua1223:20180418011816j:image

五月天は全国ツアー中で、2018年4月末に天津でライブがあります。

 

北京から近いので行こうと思いましたが、ネットでチケットを購入するには中国人の身分証番号が必要でした。

外国人の私は購入できなかったのです。

 

 

wechatec(LINEのようなアプリ)のタイムラインで同じコンサートに行くと言っていた友達がいたのを思い出しました。

 

そこで、彼女の身分証番号を使って私のチケットを代わりに購入してもらいました。代金と送料(合計575元)を彼女に払いました。

 

(コンサートの入場の際に身分証の提示が必要だと思い、同じコンサートに行く彼女にお願いしたのですが、後から購入時に番号が必要なだけで当日は必要ないことを知りました。)

 

 

 

2018年3月

コンサートのチケットについて、購入以来ずっとその友達と連絡を取っていませんでした。

 

「そういえばまだ届かないのかな?」と思い、聞いてみたところ「まだ届いてない」とのこと。

 

1ヶ月前くらいには届くかな〜と思い、様子をみることにしました。

 

 

 

2018年4月

コンサートは4月末ですが、4月に入ってしばらくしても友達からチケットについて連絡がありません

 

再度聞いたところ、衝撃の一言が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チケット、無くなっちゃったみたい。」

 

 

 

 

「……え?」

 

 

 

 

 

 

 

彼女によると、チケットが無くなってしまった、おそらく快递员(配達員)に紛失された/盗まれたと言うのです。

私のチケットだけでなく、彼女とその友達のチケットも。

 

 

 

 

 

え、待って。そんなことあるの!?

 

 

チケットの発売元や快递の会社など、色んなところへ電話したそうですが見つからないとのこと。

 

 

ええーーーー!!!

 

 

 

タイムラインで助けを求める

wechatのタイムラインで、「友達に買ってもらったチケットが快递に紛失されたかもしれません。探す方法はありますか?」と呼びかけてみました。

 

 

「もう一度電話したら?」

「…盗まれたんじゃない?」

 

 

など言われる中、一人の中国人の友達(けっこう仲が良い子)に

「それ、快递じゃなくてその友達に騙されてるかもよ」

と指摘されました。

 

 

 

 

「…え!?!?!?」

 

 

考えもしなかったので、パニック状態です。

 

 

 

騙されてる?

その指摘してくれた友達が言うには、

 

①荷物が無くなることは滅多に起きない

絶対無いとは言えませんが、荷物が無くなることは滅多にないそう。

確かに、双十一(買い物の日)で荷物が大量にある時期でさえ、荷物が無くなったという話は聞いたことがなかったのです。

 

(↓双十一についてはこちら)

chinaryugaku.hatenablog.com

 

  

②もしそうだとしても、責任を取ってくれるはず

荷物が無くなった場合、快递(配達)の会社が何かしらの責任を取ってくれるはずです。しかし友達は「電話したけどだめだった」と言うだけでした。

 

 

③私のチケットだけでなく、彼女とその友達のチケットも無くなったというのはおかしい

私のチケットは代わりに買ってくれた友達とは別で購入しているので、当然別々に届くはずです。しかし、チケットは3枚とも無くなったと言います。快递(配達)のミスが重なるとは考えにくいです。

 

 

④チケットを転売すれば高く売れる

公式サイトではチケットは既に売り切れていました。

日本でもありますが、ネットでチケットを転売している人が結構います。

元の値段より高く売れば利益になります。

 

 

 

 

以上のことから、指摘してくれた友達は私がチケットを頼んだ友達に騙されていると考えたようです。

 

私のチケットは無くなったのではなく、その友達が転売してしまったのでは、と言うのです。

 

 

 

信じたいけど

私はチケットを買ってくれた友達のことを信じたいと思いましたが、考えれば考えるほど分からなくなってしまいました。

 

と言うのも、チケットを買ってくれたその友達とは1回しか会ったことがなかったのです。

 

 

 

私たちは学内であっ中国人と留学生のハロウィンパーティーで知り合いました。

その時は楽しく話したと記憶していますが、連絡先を交換し、その後は一度も会っていません。

沢山の人と話したので、正直、顔もはっきり覚えていません。(友達と言えるのか?)

 

↓ハロウィンパーティーについてはこちら。半年後こんなトラブルになるとは…。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

チケットについてのやり取りは全てwechatで話し、代金もwechatで送金したので、知り合った日以来一度も会っていない状況でした。

 

 

 

転売できるサイトをチェック

中国にもメルカリのようなサイトがあり、個人がいらなくなったものを売ることができます。

(闲鱼というアプリが有名)

 

自分の買った席の番号が出品されていないかチェックしてみましたが、見つかりませんでした。

 

ここで見つけてしまったら友達に騙されていたことが確定なので、ホッとしました。

 

 

 

では、チケットはどこへ消えたのか

チケットはどこへ消えたのか?

そして友達の言っていることは本当なのか?

 

謎が残ります…。

 

 

 

つづく

珍しい!湖の景色も楽しめる万里の長城「黄花城水長城」へ行ってみた

 こんにちは、ハルカです。

 

 

万里の長城と言えば、こんな姿を想像しませんか?

f:id:chunhua1223:20180416194715j:image

 

実は万里の長城は、何箇所か観光地化されている場所があり、これは一番有名な八達嶺というところです。

 

↓八達嶺と慕田峪へ行ったので、今回は3度目の長城でした。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

今回は、ちょっと珍しい湖の景色も楽しめる長城、黄花城水長城へ行ってきました!

 

 

 

場所・交通手段

f:id:chunhua1223:20180416124206p:image

水長城は北京の郊外にあります。

八達嶺長城慕田峪長城より少し遠いです。

 

公共交通機関で行くこともできるようですが、おすすめはしません。ツアーに申し込むのが一般的です。

私は大学の部活のメンバーで行きました。

 

市内からチャーターした車で行きました。

行きは朝早かったので1時間半弱で着きましたが、帰りは渋滞していて2時間くらいかかりました。

 

 

 

ダム

f:id:chunhua1223:20180416185139j:image

魚の形!

 

長城のすぐ隣にダムがあるため、水長城と呼ばれます。このダムが湖のように美しく、人気があります。

 

水と長城の景色はあまり見られる場所がないため珍しいそうです。

 

ちなみに、黄花城というのは長城とは関係なく、ここの地名です。

 

 

 

野城

f:id:chunhua1223:20180416185244j:image

万里の長城は観光地化されている場所がいくつかあり、それ以外の場所は野城と呼ばれ、整備されていません。

 

道が岩と砂利だらけだったり、崖になっていたりします。

危険なので野城は立ち入り禁止で、入るのは違法です。一応。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そう、ここは中国。

さすがに観光地化されている長城より人は少なめでしたが、私たち以外にも人がいました。

みんな本気の登山装備です。

 

普通に人がいるので、入ってはいけない場所という感じが全くしません。

おそらく、外国人向けで野城に行くツアーは少ないのではないでしょうか。

 

水長城に行くツアーはありますが、長城には登らないかもしれません。

地球の歩き方にも、「長城に登ることはできない」と書いてあります。

f:id:chunhua1223:20180416193202j:image

 

 

水長城は普通に入り口から入り、整備されている場所だけ見るなら50元ほどかかります。

f:id:chunhua1223:20180416193259j:image

↑正式な入り口。

 

 

しかし、野城ならタダで入れてしまいます。

あくまで違法なのでおすすめはしません。

(私たちは道を通る時に地元の人に10元払いました)

 

行くなら、道に詳しい中国人と一緒に行くのがベストです。

 

 

 

こんな景色が見られます

お待たせしました。水長城の景色です。

f:id:chunhua1223:20180416184905j:image

おおー!綺麗!

 

 

f:id:chunhua1223:20180416194037j:image

 

 

f:id:chunhua1223:20180416194002j:image

こんなところから撮っています。

野城なので、ここに登るのも降りるのもなかなか大変でした。

 

 

f:id:chunhua1223:20180416184942j:image

座るとちょっと怖い。

でも気持ちいい!!マチュピチュとかこんな感じなのかな?

 

 

f:id:chunhua1223:20180416184954j:image

長城の窓から見えるのもいい感じ。

 

 

 

ちなみに、きちんとお金を払って入るとダムの近くの道を歩いたり、湖を船で渡ることもできるようです。

f:id:chunhua1223:20180416194233j:image

 

 

 

写真部&登山部

↓私は留学先の大学で、写真部に所属しています。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

今回は、写真部と登山部のコラボ企画で水長城へ行きました。

 

写真部4人と登山部6人の合計10人で行きました。

登山部の1人が、この水長城(及び周辺の野城)に詳しく、案内してくれたので助かりました!

f:id:chunhua1223:20180417064747j:image

写真部の一人が撮ってくれました。

右下の爺さん、勝手に写っといて「撮影料払え」って。いや頼んでないし。

 

 

登山部が登山靴で来たのをみて、大袈裟だな〜と思っていたら大変なことになりました。

 

f:id:chunhua1223:20180417064620j:image

f:id:chunhua1223:20180417065112j:image

下手したら死ぬかも。

必死でした。

 

 

私のスニーカーはまだ良かったのですが、写真部の2人の靴がかなり滑るようで、みんな傷だらけです。

 

私も7分丈のジーンズで行ったら擦りむいて、消毒を持っていた登山部の子に手当てしてもらいました。用意がいい。ありがとう〜

写真部が完全に登山部の皆さんのお荷物でした(笑)

 

 

野城に(もし)行く際は、滑り止めがしっかりした登山用靴、肌が隠れる服装をおすすめします。

 

(登山靴なんて持ってないけど、野城に行くなんて知らなかったし!)

 

 

日焼け止めやウエットティッシュなどもあると良いです。

温度調整ができるような服装で行きましょう。

水も大目に持って行くことを忘れずに。

 

 

 

まとめ

万里の長城は、観光というより登山です。

観光地化されていない野城ならなおさら。

しっかり準備して行ってくださいね!

 

 

水長城は、他の場所とは違った景色が楽しめて良かったです。

二度目の長城という方には特におススメです!

 

 

他の長城と同じく、北京市内から日帰りで行けるので、ぜひ行ってみてください^ ^

 

 

 

ただ、水長城は正直ちょっとマイナーなスポットです。

↓「雄大な景色が見たい!」「初めて万里の長城に行く!」という方は、八達嶺か慕田峪が良いと思います。 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

中国生活に慣れてしまって、日本に帰るのが怖いです。

こんにちは、ハルカです。

 

留学も残り3ヶ月を切りました。そろそろ日本に帰る飛行機を予約しなきゃな〜と考えています。

 

中国での生活に慣れてしまい(染まってしまい?)、日本での生活が不安です…。

 

 

 

食事のマナー

f:id:chunhua1223:20180415005823j:image

机は汚してOK

机は汚してOKなので、骨や卵の殻などをトレイの上はもちろん、机に直接置いたりします。

 

最初見たときはドン引きでしたが、慣れてしまいました。怖ろしい。

 

友達曰く、「片付ける人がいるから大丈夫」だそうです。

 

ちなみに家でも同じです。さすがに家なら自分で片付けるんだし、最初から汚さない方が楽なのでは?と思ってしまいます。

 

 

お茶碗を持たない

日本でごはんを食べるときは、お茶碗を持ちますよね。

 

中国では持ちません。

利き手でない方の手は机の下でもオッケーです。

 

ちなみに、韓国ではごはんは鉄製の器なので持つのは熱いし、持つのは無作法だそう。

 

 

残してOK

中国の料理は基本的に量が多いです。

残してもOK、というより残さざるを得ない状況。

 

最初は残すことに対する罪悪感から、頑張って食べていました。しかし、身体に良くないし太るし、残すのが普通という文化なので、私も残すようになりました。

 

仕方がない事ですが、以前よりは罪悪感なく食べ物を残せるようになってしまいました…。

 

 

 

 

赤信号でも道を渡る

f:id:chunhua1223:20180415002904j:image

赤信号でも、周りを確認しながら渡ってしまいます。

 

もはや車が来ていないのに渡らない意味が分からなくなりました。

日本では律儀に待つ人が多いですね。

 

距離の割に信号の時間が短いので赤でも渡った方が良いというのもあります。

 

 

また、日本より人と車との距離が近く、「危ない!」と感じる距離が日本の感覚と違います。

日本なら数メートル前で止まるところを、人の1メートル前でやっと車が止まります。

 

最初は道を渡るのに慣れませんでしたが、すっかり平気になりました。

 

 

 

地下鉄やバスで電話してもいい

f:id:chunhua1223:20180415002812j:image

日本人では、公共交通機関で電話するのはマナー違反ですよね。

 

中国では、電話しても友達と話しても大丈夫です。

(電話しても問題ないですが、大体はスマホを見ているので皆んながうるさく話している訳ではありません。)

 

地下鉄はなぜか風が吹き抜けて大きな音がしているので、そのせいで話し声が気にならないのもあるかもしれません。

向かいの席に座ったら会話できないほど大きな音がします。

 

 

日本に帰ったら、電車内が静かすぎて落ち着かなそうです。

 

 

 

すっぴんメガネ

f:id:chunhua1223:20180415002533j:image

中国女子は、普段化粧をしない人も多いです。

完全なすっぴんも多いし、眉毛だけ書くなどノーメイクに近い人がたくさん。

(もちろんしている人もいます)

 

あと、男性女性とも圧倒的メガネ率

10人いたら8人メガネだと思う。

(最近の日本ではあまり見かけない、一昔前の丸メガネみたいなメガネの人も多いです。これは韓国人もかも。)

 

こんな環境にいると、「すっぴんメガネで良くない?」と思ってしまい、最近はほぼノーメイクです。

最近は毎日授業と自習室に行くだけなので、もはやメイクをする意味がわからなくなりました(笑)

 

 

学期の初めは頑張って化粧していたのですが、一度やめるともうダメです(笑)

お肌のためと言い聞かせて(言い訳して)います。

 

もともと低い女子力の低下が著しい…(汗)

 

 

 

アプリ支払い

f:id:chunhua1223:20180407175052j:image

本当に便利で、日本に帰ってから現金生活に戻るのが考えられない!

 

割り勘もその場でなくても一瞬でできるので、とても重宝しています。

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

 

気軽にタクシーに乗る

f:id:chunhua1223:20180407175056j:image

日本より交通費が安く、タクシーも安いです。

日本でタクシーはほぼ乗ったことがないですが、中国では複数人いれば割り勘で乗ってしまいます。

 

 

滴滴出行というアプリでタクシー呼ぶことも多いです。一般の人が運転手をしている、Uberに近いサービスです。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

徒歩5分で登校

中国では、学生は大学内の寮に住むのが普通です。北京出身の友達も寮に住んでいます。

 

私たち留学生も寮に住んでいて、教室まで徒歩5分!

他の大学に比べて小さい大学なので、寮・教室・食堂・スーパーなど全て徒歩5分圏内にあります。

 

日本に帰って復学したら、片道1時間半かけて大学に通うと思うと気が重いです…。

 

 

計画?なにそれ。

f:id:chunhua1223:20180415003155j:image

例えば、中国では複数人で集まる時、時間や場所など具体的な計画は立てません。

 

簡単な約束はしますが、突然変更になったり、予定そのものが無くなったりします。逆に当日突然招集がかかることも。

 

ドタキャン、ドタ参加も普通にあります。

ダブルブッキング(3つ以上のことも)して、当日気が向いた方に行くなんて人もいるくらいです。

それに対して周りも怒ることなく、「そっか〜おっけー」って感じ。

 

最初は何でちゃんと決めないの?なんで来ないの!?と思いましたが、これにも慣れてしまいました。

(人により程度は異なります)

 

今では私も、かなり気まぐれに予定を変えることが多くなりました。

 

分単位でスケジュールを組んでいた日本の生活が考えられない。

 

 

 

まとめ

良くも悪くも、中国生活に染まってしまいました。慣れとは恐ろしいものです。

 

日本に帰ったらどうなるのでしょう?

 

帰国したら、食事のマナーなどは特に気をつけなければですね。🙄

 

「留学したら発音が良くなる」とは限らない。 【中国語学習】【発音】

こんにちは、ハルカです。

 

 

最近思うのが、「留学したからと言って、必ずしも発音が上達する訳ではない」という事です。

 

理由を説明していきます。

 

(⚠︎全て私の主観的な意見です。)

 

 

 

韓国人留学生

f:id:chunhua1223:20180414124927j:image

北京で一番多い留学生は韓国人です。

中国の北の方(北京や東北地方)は、どこの学校も韓国人が多いと思います。

 

私の留学している大学も例外ではなく、学内に300人以上の韓国人留学生がいます。

(日本人は40人ほど)

 

前期も後期も、クラスメイトの約半数が韓国人。

 

韓国なまりの中国語に耳慣れてしまいました。

 

 

 

韓国人の話す中国語

f:id:chunhua1223:20180414125124j:image

一番仲の良い友達は韓国人です。

 

今学期は韓国人2人と私という3人で行動することが多いです。

 

3人でいるときはなるべく韓国語を使わず中国語で話してくれるのですが、やはり「韓国人の発音だな〜」と思います。

私も「日本人の発音」と思われているかもしれませんが。

 

その2人のうち1人の発音は綺麗な方なのですが、他のクラスメイトの中にはかなりなまっている韓国人もいます。

 

特に気になるのが「yu」の発音。特に3声。

 

他の国の留学生もそれぞれ独特のなまりがあります。

 

 

高級クラスにいますが、発音が綺麗だと思うクラスメイトは少ないです(人のこと偉そうに言えませんが、まだマシな方だと思います)。

 

HSK6級を持っている人や成績が優秀な人でも発音はめちゃくちゃだったりします

 

 

 

留学で発音が良くなるとは言い切れない

f:id:chunhua1223:20180414125518j:image

確かに、留学したらある程度は聞けるようになります。

 

しかし、自然と発音が良くなることは少ないと思います。

 

それもそのはず(?)、発音をみてもらえる授業がないからです。

間違いに気づく・直す機会がありません。

(これは私の大学の場合ですが、他の大学でも発音を細かく見てもらえる授業は少ないと思います。)

 

 

スピーキングの授業はありますが、発音に特化している訳ではないですし、一人一人の発音を直す時間はありません。

基本的に伝わればオッケーという感じです。

 

発音が違っても意味が伝わってしまうこともあるし、留学生に中国語を教える先生や留学生同士はこういった発音に慣れています。

 

 

そのため、「留学したら発音が良くなる」とは言い切れません。それどころか、発音を矯正してくれる人がいないと発音が悪くなることもあります。

 

 

 

中国の方言

f:id:chunhua1223:20180414125419p:image

じゃあ中国人とたくさん話せばいい!

と思うかもしれませんが、中国人の発音も色々なのです。

 

 

中国に語学留学する人のほとんどは、普通話(共通語)を勉強すると思います。

 

しかし、中国は大きな国なので、方言があります。外国語レベルで全然違います。

 

大学で知り合う中国人は、北京の大学であっても地方出身の学生が沢山います。

全国から進学してくるので、私の知り合いは北京出身の人の方が少ないです。

 

普通話を話すものの、方言なまりの人もいます。

教職課程を履修する学生は、普通話(共通語)の試験まであるそうです!

 

私にボランティアで中国語を教えてくれている学生は福建省の出身で、「なるほど、福建だな」という感じがします。台湾の発音に近いです。

出身地を言われなくても一瞬で分かりました(笑)

 

 

私の一番仲の良い中国人の友達はたまたま北京出身で、北京方言(北京は標準とはいえ完全な普通話という訳ではないです)も少ないです。

 

この友達には「発音悪かったら教えてね」と言ってあり、会話の途中でも指摘してくれるので助かります。

 

友達を選ぶという訳ではないですが、標準語が綺麗な中国人の友達ができたらラッキーです

 

 

 

ではどうすれば良い?

f:id:chunhua1223:20180414125654p:image

結論を言うと、発音は早い段階で(留学前に)固めておくべきです。

 

ある程度学習を進めると、自分で勉強することが増えていきます。文法などは本を読めば良いですが、発音は自分で勉強しにくいです。

 

 

私は日本で、中国人と日本人の先生両方に発音の指導をして頂きました。

 

 

中国人の先生からはネイティブの発音を習います。

これは誰もが考える方法だと思います。よく大学の入学案内などでも、「ネイティブスピーカーの授業」と謳っていたりしますよね。

 

しかし、これだけでは足らないのです。

 

 

日本人の先生には発音の矯正してもらいます。

なぜなら、自身も中国語学習者である日本人の先生ならなぜ日本人が発音できないか分かり、直し方を知っているからです。

 

ネイティブの中国人の先生は、中国語学習者がなぜ発音できないのかが分かりません。

 

 

中国人、日本人の先生それぞれから学ぶ事で、発音は伸びるのかなと思います。

私はたまたま細かく指導していただけたお陰で、発音のせいで伝わらないという事はほとんどありません。

 

 

 

口を見る

f:id:chunhua1223:20180414125759j:image

発音は口の形が重要です。

 

私は授業を受ける時、先生の口の形を良く見ていました。

 

特に日本人の先生の口の動きを見ると良いと思います。

ネイティブは意識せず発音していますが、日本人の先生は良い発音になる口の形を意識しているので真似すると良いと思います。

 

 

日本の授業では、口をよく見るために前の方の席に座っていました(笑)

 

日本人の先生の口の動きを見れる機会は、あまりありません。

 

中国人ならニュース番組などでみれますが、上記の理由から日本人の口の動きの方が参加になります。

(中国のドラマの場合はだいたい吹き替えしているので、口の動きに関しては参考になりません)

 

 

 

Siriを活用

f:id:chunhua1223:20180414123959p:image

iPhoneを使っている方は、Siriで発音チェックができます

 

Siriの言語設定を中国語にして、話しかけてみましょう。

自分が言った通り表示されれば、中国人に伝わる発音ができているという事です。

 

 

 

まとめ

「留学で発音を良くしたい」と思っている方がいたら、一度考え直した方がいいかもしれません。

 

実際に留学の集団面接のとき、「留学で何を伸ばしたいか」と聞かれて「発音」と答えていた人は指摘されていました。

 

 

とはいえ人にもよるので、理想の発音と自分の立ち位置を知ることが大事なのかなと思います。

偉そうに色々書きましたが、私も頑張ります。

 

 

 

↓ラジオやポッドキャストのニュースなら綺麗な普通話(標準語)の発音が聞けます。

chinaryugaku.hatenablog.com

chinaryugaku.hatenablog.com

 

日本で中国のラジオを聞けるアプリ【中国語学習】【リスニング対策】

こんにちは、ハルカです。

 

f:id:chunhua1223:20180412010021j:image

・中国語検定やHSKのリスニング対策

・留学後に中国語のリスニング力をキープしたい

 

などの理由から、中国語を聞くツールを探している方は多いのではないでしょうか。

 

 

前回は中国語を聴くおすすめポッドキャストを紹介しました。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

今回は私が使っている日本にいても聞ける中国のラジオアプリを紹介します!

 

 

 

咕咕收音机(グーグーラジオ)

f:id:chunhua1223:20180413174932j:image

ラジオアプリは色々ありますが、このアプリ1つで事足りてしまいます。

 

非常にシンプルで使いやすいです!

 

f:id:chunhua1223:20180411224159p:image

メイン画面はこんな感じ。

 

 

全国のラジオ局を網羅

f:id:chunhua1223:20180411224257p:image

 

何スクロール分あるのか…!

たくさん番組があります!

 

 

おすすめの番組

中国語の勉強におすすめなのは、スポーツ番組交通情報の番組です。

 

出てくる単語がある程度決まっているので、文字が見えないラジオでも分かりやすいです。

 

 

勉強以外なら、音楽番組も時々聞きます。

中国で流行している音楽がランダムで聴けます。

聴きたいアーティストや曲が決まっているのなら、音楽アプリで探す方が良いでしょう。

 

 

 

中国广播(中国放送)

f:id:chunhua1223:20180413174948j:image

 

 

デザインはこんな感じ。

(たまたまスクショしたら習近平さんのインパクトが強い…)

f:id:chunhua1223:20180413172704p:image

 

聴ける番組は咕咕收音机と変わりませんが、こちらはジャンルごとに番組を探すことができます。

 

f:id:chunhua1223:20180413172817p:image

f:id:chunhua1223:20180413172836p:image

 

どちらのアプリを使うかは好みの問題だと思います。

 

聴く番組がいくつかに決まっているなら咕咕收音机

番組を探しながら色々聴いてみたいなら中国广播でしょうか。

 

 

 

まとめ

日本にいても聴くことができるので、ぜひダウンロードしてみてください。

 

お気に入りの番組が見つかるといいですね^ ^

 

 

 

↓他にも楽しい勉強法を紹介しています。

chinaryugaku.hatenablog.com