北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、北京第二外国語学院に留学中です。

今日で南京大虐殺から80年~南京大虐殺記念館を訪れて~

こんにちは、ハルカです。

 

12月13日と聞いて、中国人が思い出す事件といえば南京大虐殺

今日からちょうど80年前、1937年12月13日に起こったとされる事件です。

 

昨年8月、南京へ短期留学した際に訪れた記念館を思い出してみます。

f:id:chunhua1223:20171212235011j:plain

 

南京大虐殺

日本軍が南京を占領し、市民に対して行ったとされる虐殺。

中国では、その犠牲者は30万人にものぼると言われています。

f:id:chunhua1223:20171212234846j:plain

 

日本の教科書では多くは触れていませんよね。

歴史の資料集でも、「南京大虐殺」という文字を見ただけで、詳しく習った記憶はありません。

12月13日に起こったということさえ、南京へ行くまで知りませんでした。

 

一方で、やはり中国の教科書にはとても詳しく写真付きで説明されているそうです。

 

南京の友達によると、毎年12月13日は、一日中犠牲者追悼のサイレンが鳴り響くそう。

 

 

南京大虐殺記念館

正式名称は、侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館といいます。

f:id:chunhua1223:20171212234931j:plain

入場無料、月曜休館、8:30~17:00

 

 

 

入口から館内の展示まで全て、中国語、英語、日本語の3言語が使われています。

(中国の他の観光施設は、まず日本語はありません)

f:id:chunhua1223:20171212234923j:plain

 

 

館内の展示は、虐殺に関する資料や当時の人の日記、写真などがあります。

本物の人骨も。

広島の原爆記念館に似た雰囲気です。

 

 

至る所に300000(犠牲者数)という数が。

f:id:chunhua1223:20171212234912j:plain

f:id:chunhua1223:20171212234959j:plain

 

印象に残っているのが、「好天气=下雨(良い天気=雨降り)」という子供の日記。

虐殺以前にも日本軍からの攻撃を受けた南京。空襲がないため、雨の日を喜んだそう。

私は記念館に行ったその日の朝、友達と「今日も良い天気だね」と話したところでした。

 

 

f:id:chunhua1223:20171212235011j:plain

f:id:chunhua1223:20171213003348j:plain

記念館を出ると和平公園です。

平和を願う女神の像。

 

 

 

南京大虐殺はなかった」?

日本側は「南京大虐殺はなかった」と主張する人、犠牲者数は数百であったと言う人もいます。

 

個人的な話をするならば、記念館を訪れるまでは、特にどちらが正しいと考えたことがなかったです。

しかしあの展示を見たら、私は「なかった」とはとても言えません(犠牲者数がどうこうとかではなく)。

 

 

中国人はどう思っているのか

南京へ行くとき、虐殺のイメージから「日本人が行くのは危ないのでは」と周りからとても心配されました。

 

しかし、南京で「日本人だから」と言われたり嫌がらせを受けるなどということは一度もありませんでした。それどころか、日本人の私に対してもとても親切でした。

 

恐る恐る南京出身の中国人の友達に、虐殺と日本人に対する考えを聞いたところ「当時の日本政府のことは憎んでいる。でもそれは現代に生きるあなたとは関係ないこと」と言っていました。

(日本語学科の友達です)

 

 

全員ではないでしょうが、彼女曰く多くの南京人はこのような考えだそうです。

しかも、南京は中国の中では親日の人が多い印象です。

(今南京に住んでいる人はのちに移り住んできた人が多いことも関係しているかもとも言っていましたが)

 

 

南京出身の別の方は、「虐殺記念館があるけど、虐殺を記念するのではなく犠牲となった同胞を記念する、が正しい」と話していました。

 

 

まとめ

「南京」と聞いて日本人が一番にイメージする南京大虐殺

しかし聞いたことがあるだけで、何も知りませんでした。

 

暗い気分にはなりますが、きちんと受け止める意味でも、記念館は南京を訪れる日本人にぜひ訪れて欲しい場所です。

全て日本語もあるので、中国語や英語がわからなくても大丈夫です。

 

 

80年が経った今日、南京では追悼のサイレンが鳴っています。

 

 

 

 

「中国人についてどう思いますか」と聞かれて

こんにちは、ハルカです。

たまには真面目な話を。

 

先日、中国人の友達に「異文化コミュニケーション」という授業の宿題でインタビューされました。

 「中国人についてどう思いますか?」

 

f:id:chunhua1223:20171211142144j:plain

質問① 中国語を勉強する前、中国人に対するイメージはどうでしたか。

 

正直、良くないイメージでした。

マナーが悪いとか。

高校の頃は、国語学科を受験する友達がまったく理解できませんでした(笑)

(私は中国語学科ではなく、国際系の学部です。)

 

でも今思うのは、それは日本で報道される中国がそういう場面を切り取ったものばかりだから

中国に行ったこともないのに、中国人と話したこともないのに、「中国はああいうところ」と決めつけていました。

 

こちらに来て分かったのは、中国の日本に対する報道の仕方も同じだということ。反日映画もたくさんあります。

なんてもったいない。

 

 

質問② 中国に来て、中国人に対するイメージはどう変わりましたか。

 

180度変わったと言っても過言ではありません。

中国人は仲良くなると本当に親切。暑苦しいくらいに。 

(あまり「中国人」「日本人」と枠で囲んで考えるのは好きではありませんが。)

日本人はある意味ドライというか、他人のことはあまり踏み込まない気がします。

日本人にはない「熱さ」が好きです。

 

日本人は「察する」文化ですが、中国人のものの言い方はストレート。日本人にとっては「きつい」と感じるかもしれませんが、それもまた文化

はっきりしていていいなとも思います。

 

「ストレートに考えを口にする」文化のために、中国に駐在されている日本人の方の中には「日本で働くよりストレスが少ない」と言う方も

 

 

質問③ イメージを変えるきっかけは何でしたか。

 

中国人との交流です。

 

日本の大学で知り合った中国人学生や、バイト先のゲストハウスに泊まっていた中国人旅行者。留学で出会った友達。

 

彼らはみんな親切で、以前持っていた「良くない中国」のイメージとはかけはなれていました。

彼らと出会って初めて、「中国人」という枠ではなく「同じ一人の人」として相手を見る大切さを知った気がします。

 

 

じゃあ中国人と直接交流する機会のない、メディアからしか中国を知れない人は?

中国の良い部分を知っている人が発信していかない限り変わらないと思います。

だから少しずつですが、こうしてブログを書いたり、周りの人に話したりしています。

 

 

まとめ

日中関係(中国にいるので中日関係と言うべきでしょうか)は以前よりは良くなってきているものの、まだまだ中国や中国人にたいするイメージがよくない人が多いと思います。

 

でもその「イメージ」は誰が作ったものですか?

 

中国ってこんなに良いところ、中国人だってこんなに素敵な人がたくさん、ということを伝えて行けたらと思います。

 

 

今年2017年は、両国の国交正常化45周年の節目の年。

お互いにもっと分かり合えたらいいなあと思います。

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

冬休み、一時帰国しないで中国ひとり旅することにしました。

こんにちは、ハルカです。

 

今学期も残りわずか。

1月あたまに期末試験があり、その後1ヶ月半以上の冬休みがあります。

 

多くの日本人留学生は一時帰国するようですが、私は中国に残ることにしました。

と言っても、「北京に残る」わけではありません。

約1か月、中国国内をひとり旅します!

 

旅行計画

最近は毎日地球の歩き方中国」とにらめっこしています。

持ってきてよかった。

 

D01 地球の歩き方 中国 2017~2018

D01 地球の歩き方 中国 2017~2018

 

 

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

中国広い!行きたいところが多すぎる!

f:id:chunhua1223:20171210114918j:plain

これは私の勉強机の目の前の壁に貼ってある中国地図(笑)

冬休みは北京の寒さから逃れるべく(?)南の方メインで行くことにしました。

 

 

f:id:chunhua1223:20171210114952j:plain

まだまだ変更することになりそうですが、 今の予定ではこんな感じ。

北京からアモイ(厦门)まで飛行機で行って、あとはひたすら陸移動で北京に戻るつもりです。中国縦断。

 

 

春節旧正月。2018年は2月16日)くらいに南京に着いて、友達家族と一緒に過ごさせてもらう予定。

短期留学で南京へ行ったときにとってもお世話になった家族です。また会えるのが嬉しい!

 

留学が終わるころにもう一度行けたらいいなあ。

それについてはこちらで少し触れています↓

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

旅行の準備

交通手段

列車や飛行機の時間・値段をチェックして、仮の旅程を組んでいます。

あー楽しい!

 

宿

貧乏バックパッカー旅行なので、ひたすら安い宿を探しています。

日本のゲストハウスまでとはいかないものの、中国のゲストハウスって意外と綺麗で快適です。

 

買い物

 

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 Casual Messenger MP1605JR BLK (Black)
 

 

バックパックは日本から持って来ましたが、サブバックとしてメッセンジャーバッグがほしい・・・。今日常生活で使っているものは少し小さいので。

おサイフと相談中です。

 

 

 あと買おうと思っているのが折り畳みバケツ。

今まで私は1週間くらいの旅行が最長でした。しかし1か月となると、洗濯をしなければなりません。しかし洗濯機があるゲストハウスは稀。自分で手洗いするために便利そうです。

 

上海のゲストハウスで中国人が、こういうバケツで足湯をしていました。

気持ちよさそう~

 

 

 

 長距離バスや列車であると楽なのがこれ。

日本で使っていたものを持ってくるのを忘れたので購入予定です。

10時間以上の移動が多そうなので。(寝台列車にも乗ります)

 

 

まとめ

冬休みがとっても楽しみです。(その前に期末テスト)

 

しかし、冬休みがくる=今学期で帰国する友達との別れ

一緒に過ごす時間を大切にしたいものです。

 

日本の年末の風物詩、「紅白歌合戦(红白歌会)」を一足お先に中国で。

こんにちは、ハルカです。

年末の雰囲気を感じるようになってきましたね。

 

先日、日本より一足早く、日本語学科主催の紅白歌合戦がありました!

日本の紅白を模したイベントで、今年で27回目だそう。


f:id:chunhua1223:20171207231700j:image

 

私たち日本人留学生も、「team JAPAN」として特別参加しました!

 

 

アンジェラアキの「手紙~拝啓十五の君へ~」と、SMAP世界に一つだけの花を歌いました。混声三部合唱。

 
f:id:chunhua1223:20171207231749j:image

とっても楽しかった!

お客さんのノリが良くて、手拍子したり手を振ってくれて嬉しかったです。

 

私の言語パートナーは、わざわざ並んでVIP席のチケットをゲットして、一番前で聴いてくれました。 ありがとう~目が合って恥ずかしい(笑)

 

 

 

毎年学生が全て企画しているそうです。司会進行も上手!

みんな歌がとっても上手でした。日本語の歌を歌った人も。すごいなー。

 
f:id:chunhua1223:20171207222254j:image

 

 

 

Wechatのアカウントから投票もできて、近年の紅白のようにリアルタイムでコメントを投稿することもできました。すごい!


f:id:chunhua1223:20171207231935j:image

今年は紅組の勝ち。

 

 

まとめ

まさか合唱することになるとは思いませんでしたが、とっても楽しかったです!

さすがにこれで人生最後でしょう…。

 

他のグループの発表も面白かったです。

イベントのクオリティーが高くて、運営を頑張ってくれた日本語学科の学生たちに感謝です。謝謝!

 

 

来学期も行事があるようなので楽しみです。

 

中国長期留学~お金の管理方法あれこれ~

 

こんにちは、ハルカです。

 

現地に「住む」ことになる長期留学では、お金の管理について迷う人が多いと思います。私もそうでした。

 

今回は、私が1年の中国留学にあたって利用している方法を紹介します。

 

f:id:chunhua1223:20171204224424j:plain

 

まずは中国の銀行口座を開設する

中国に長期で留学するなら、現地の銀行口座を開設しましょう。

半年でも開設することをおすすめします。

 

なぜかというと、中国では銀行口座があるとアプリ支払いができるからです!

これがめちゃくちゃ普及していて、スーパー便利!!(語彙不足)

 

ここでは詳しくは書きませんが、銀行口座から直接お金が引き落とされる仕組みです。

現金を持ち歩かないほどどこでもアプリ支払いできます。

 

 銀行を選ぶ

私は奨学金を受け取るために中国農業銀行(ABC)を指定されましたが、同じ奨学金でも大学によって違うようです。

奨学金の金額や条件はこちら↓

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 私の大学は門を出た隣に中国工商銀行(ICBC)とATMがあるので、ここの口座を持っている人が多いです。

有名どころは中国工商銀行中国銀行ですが、利用しやすいところで良いと思います。

 

 

日本からの送金方法

基本的に中国の口座に毎月振り込まれる奨学金で生活していますが、足りないときは日本の口座にあるお金を使います。

 

トラブルで予想外の出費があるかもしれないので、奨学金を受け取る人も必ず日本から送金してもらえるようにしておきましょう。

スマホが壊れて購入した月と、色々と買いそろえた最初の月は奨学金だけでは足りず日本の口座からお金を使いました。)

 

三菱東京UFJデビットカード

f:id:chunhua1223:20171204230213p:plain

一番利用しているのがこのカードです。

中国のATMで現金を引き出すことができます。手数料はかかりますが、日本の口座から直接引き落とされるので分かりやすいです。

 

もしお金が足りなくなった場合でも、日本の家族に日本の口座へ入金してもらえば大丈夫なので安心です。

 

日本でも海外でも使えるので、1枚作っておくと良いかもしれません。

デビットカードなら三菱東京UFJデビット | 三菱東京UFJ銀行

 


三井住友銀聯カード

f:id:chunhua1223:20171204231109p:plain

日本で普及しているVISAやMasterは、中国では使える場所がかなり限られます。

そんな中国で普及しているのが銀聯カード

 

三井住友銀聯カードは日本で作れて、日本の口座と連携できます。

なかなか出番がなくまだ使っていませんが、持っておくと安心です。

 

デザインは2種類。私はパンダにしました!

このサービス自体、始まってあまり経っていないのでカードを見せると珍しがられます。

三井住友銀聯カード(ぎんれんカード)|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

 

日本円(現金)

f:id:chunhua1223:20171204235548j:plain

大金を日本円で持って行くのは危険ですが、最初は現地のお金も口座もなく、両替する必要があります。

 

旅行でも同じですが、現地の空港に着いたら少しだけ空港で両替し、あとは街中の銀行で両替しましょう。空港はレートが悪いです。(日本の空港で両替するよりはレートが良い場合が多いですが)

 

事前に日本で両替したり、旅行で余ったなど手元に中国元がある程度あるなら日本円は最小限でいいでしょう。

私は万が一のとき(銀行カードやデビットカードを紛失するなど)に両替して使えるように、少しだけ持ってきました。

 

まとめ

 いかがでしたか?

 

長期留学で、旅行や短期留学とは大きく違うのがお金の管理です。

いくつかの手段を用意しておくと安心ですね。

 

国によっても便利なサービスが違ってくるので、よく調べてみてください。

寮の設備について

こんにちは、ハルカです。

 

今回は私が住んでいる留学生寮の紹介です。

 

f:id:chunhua1223:20170910192707j:plain

 

寮は基本的に、中国人学生の寮と留学生寮は分かれています(一部混ざっている寮もあります)。

留学生が住む寮は3つあり、私が住んでいるのは留学生のみの寮です。

 

 

 

 

設備

寮は5階建てエレベーター付き

中国人学生の寮に比べるととても設備が良いようで、羨ましがられます。

 

寮内はABCの区域があり、私はA棟に住んでいます。

Aは国費留学生、Bは交換留学生、Cは欧米系の学生が多い印象です。

私ともう一人以外の日本人は全員B棟に住んでいます。

 

A シャワー、トイレ、洗面台

B シャワー、トイレ、洗面台、キッチン

C すべて共同

 

という感じです。部屋にキッチンはありませんが、共同のキッチンがあります。

 

部屋とルームメイトははじめから決められていました。

アジア人同士など、多少考慮して決めてくれているようです。私はミャンマー人のルームメイトと一緒に住んでいます。

部屋は基本半年に一回替えられます。ルームメイトと合わなければ、新学期が始まってすぐなら替えられるかもしれません。

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

それぞれの部屋の値段は…知りません(私は奨学金生なので無料です)。

B、A、Cの順に高い気がします。

 

 

 

部屋

f:id:chunhua1223:20171130135735j:plain

 

基本的に2人部屋です。

(中国人は5~7人部屋らしいです)

 

一人部屋の人もいます。一人部屋はほとんど日本人が使っているそう。

 

ルームメイトが帰って来なくて事実上一人部屋になっている人も。

ルームメイトが彼女を連れ込んでいて事実上三人部屋になっている人も…気の毒です。

 

 

 

水・シャワー

24時間温水のシャワーが使えます。

温水が出る時間が決まっている大学もあるようです。

一度だけなぜか温水が出ない日がありましたが、それ以外は問題ないです。

当然湯船はありませんが慣れました!(一番値段の高い8号楼の寮だけはバスタブがあるそうです)

 

水も日本と違い飲めませんが、問題なく使えます。

ただ、たまーに蛇口から茶色い水がでてきます

近くで工事をやっているときに起こりやすいとか…?

 

 共同キッチン

A棟の各階にある共同キッチンはこんな感じ。


f:id:chunhua1223:20171204220616j:image

ガスコンロではなくIHです。

私は使ったことないですが、よく料理してる人がいます。私のルームメイトもよくミャンマー料理?を作ってるみたいです。

 

ちなみに鍋など器具はありません。

自分で買うか借りるなどして作ります。

 


f:id:chunhua1223:20171204220929j:image

大きめの共同冷蔵庫があります。

ほとんど使っていないですが、使う時は名前を書いたり、なくなりそうなお酒などは一応見えない袋に入れたりしています。

 

冬は寒くて天然の冷蔵庫があるので、ますます使わなくなりそう。

 


f:id:chunhua1223:20171204221202j:image

冬になって嬉しいのが、いつでもお湯が出ること。中国人は夏でもお湯を飲みますからね、必需品です。教室棟にもあります。

 

日本から持ってきたお吸物や紅茶を作るのに便利です。

 

 

 

洗濯

洗濯機が何か所かあり、共同で使います。

フロントでお金を払うとチャージした洗濯カードをもらえます。一回4元

 

廊下や外に干すのは禁止なので、部屋干しです。

空気が乾燥しているのですぐに乾きます。

 

 

 

ごみ

ゴミ箱を部屋の外に出しておくと、朝昼2回、おばちゃんが持って行ってくれます。

中国には「分別」という概念はないようです。

 

 

 

計画停電

月に1回くらい、計画停電で夜12時から朝5時くらいまで電気が使えない日があります。

早くシャワーを浴びて寝ないと真っ暗です。

 

事前にフロントに張り紙がしてあるのですが、気づかないことも。

スマホやパソコンなどの充電も事前にしておかないと大変です。

 

 

 

家電チェック

ホットカーペット、電子レンジなど、使用禁止の電化製品がいくつかあります

使っていないかチェックするため、頻繁に抜き打ち検査があります。

 

昼過ぎに突然おばちゃん数人が部屋にやってきて(不在でもスペアキーで入ってきます)、使っているのが見つかると没収です。

 

私もドライヤーをコンセントに差しっぱなしにしていたら、一時没収されて減点されました。

返してもらいましたが、「次やったら没収ね」と紙にサインまでしました。

厳しい。

 

 

騒音

私の部屋の隣はエレベーターと階段なので隣の部屋の音は気になりませんが、隣と接している部屋は隣がうるさいと聞こえるようです。

 

私は一番外側の部屋なので、寮の外で騒いでいると音がよく聞こえてきます。

金曜土曜の夜はクラブミュージックがガンガン鳴ってました。(最近は寒いので外に人がいなため静かです。)

 

私はどんなにうるさくても寝られるので大丈夫ですが、気になる人は慣れるまで大変かも…?隣人次第です。

 

売店

A棟の一回に売店があります。食べ物、飲み物、日用品などが売っています。

学生寮なので、外国のお菓子も。

 

値段は少し高めですが、便利なのでたまに利用します。

家族でお店をやっていて、よくちびっ子がうろちょろしてます。

 

 

 まとめ

最初はいろいろと不便に感じることもありましたが、今はすっかり慣れて快適に生活しています。

 

極度に潔癖症でなければ、誰でも心配しなくて大丈夫だと思います。

 

北京から高速鉄道で30分!週末天津旅行

お久しぶりです。12月になってしまいました。

 

言語パートナーの中国人の友達と一緒に、週末1泊2日で天津へ行ってきました!

 

 

 

北京から高速鉄道で天津へ

f:id:chunhua1223:20171201142519j:plain

 

北京南駅から天津行きの高速鉄道が出ています。

片道30分、50元くらい(1000円弱)で行くことができます。日帰り旅行も可能!

バスは2時間ほどかかりますが、もっと安く行けます。

 

 

北京南駅は、地下鉄4号線と14号線から直結です。

待合ロビーは明るくて広いです。空港みたい。

f:id:chunhua1223:20171201143249j:plain

f:id:chunhua1223:20171201143124j:plain

土曜日ということもあり、人がたくさん。

 

車内はとてもきれいで静かです。

久しぶりに高速鉄道に乗って楽しかったです!

f:id:chunhua1223:20171201143459j:plain

 

 

天津

五大道

イギリスの租界だった地域です。

西洋風の建物が集まっています。

f:id:chunhua1223:20171201143753j:plain

f:id:chunhua1223:20171201143812j:plain

f:id:chunhua1223:20171201143829j:plain観光馬車も走っていました。

 

 

大利(イタリア)风景旅游区

ディズニーランドの一角のようです。

お土産を探すのにも良い場所だと思います。

f:id:chunhua1223:20171201144624j:plain

 

f:id:chunhua1223:20171201144544j:plain

 

 

天津の歴史や暮らしを紹介していました。

無料のわりに見ごたえがありました。

f:id:chunhua1223:20171201144634j:plain

f:id:chunhua1223:20171201144227j:plain

天津甘栗はない、と聞いていたけどあるんですね…?

 

 

南開大学

中国政府奨学金生の壮行会で仲良くなった友達が南開大学で留学中なので、今回の旅行の案内?付き添い?してくれました。

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 同じ奨学金で今後留学される方には、壮行会は東京ですが、時間が許すならば参加することをお勧めします。

この時知り合って今も連絡を取り合っている人も何人かいますし、情報交換ができます。

 

 

話が反れてしまいましたが。

久しぶりに会って近況を報告し合ったり、留学ならではの悩みを聞き合ったり。

他のところで頑張る友達の存在はとっても励みになります!

 

大学にもお邪魔しました。

f:id:chunhua1223:20171201145148j:plain

f:id:chunhua1223:20171201145255j:plain

 

南開大学は、日本の東大、京大に当たるような大学です。

周恩来が卒業したことでも有名で、中国人観光客もよく訪れるそう。

(ちなみに私の通う北京第二外国語学院は、周恩来が創設した大学です。)

f:id:chunhua1223:20171201145739j:plain

周恩来さんこんばんは。

 

天津には周恩来の記念館もあります。

今回は時間がなくて行けませんでしたが、機会があれば行ってみたいと思います。

 

 

天津は「住みやすい街」

 

住んでいる友達曰く、「天津は住みやすい街」らしいです。

広すぎず、中心部には何でも揃っていて便利。

f:id:chunhua1223:20171201145127j:plain
物価も首都の北京より安いです。

タクシーに乗りましたが、北京よりかなり安かったです(北京でも日本に比べたらとっても安いですが)。

 

f:id:chunhua1223:20171201150429j:plain

f:id:chunhua1223:20171201150425j:plain

 

 

 

まとめ

1泊2日でしたが用事があったのと無計画で行ったため、効率のいい観光はできませんでした(笑)

北京から近いので、また行こうと思います。

 

一緒に行ってくれた言語パートナーと、時間を作って会ってくれた友達に感謝です。

次は北京で会おう!