北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、北京に留学します。現地での生活、感じたことを書いていきます。

中国政府公費留学(2017年)~出願編~

こんにちは、ハルカです。

 

私は中国政府の奨学金を得て、2017年9月より1年間留学する予定です。

今回と次回は、私がこの公費留学を得るまでの過程をご紹介します。

まずは出願についてです。

 

 

中国政府奨学金とは

中国政府が、中国国内で学ぶ外国人留学生に支給する奨学金です。

日本では主に日本学生支援機構(JASSO)日中友好協会が窓口となり、毎年1月頃に募集が始まります。

 

 

・日本の大学/大学院に在籍しながら1~2年間留学する

 ・中国語を専門に勉強

 ・日本の大学での専攻を学ぶ

・日本の高校を卒業後、本科生として4年間留学する

 (中国語が本科に入るのに不十分な場合は1~2年間中国語予科教育。この期間も奨学金あり)

・日本の大学/大学院を卒業後、元の専門分野を中国で学ぶ

 

など様々なコースがあります。

 

 

待遇は、私が申し込んだ普通漢語進修生(日本の大学を休学、中国語を学ぶ)の場合以下の通りです。

・学費免除

・寮費免除

・外来医療費補助

・月に3000元(約5万円)生活費支給

 

生活費も十分に支給されるので、渡航費以外ほぼ無料で留学することができます。

また、中国語が話せなくてもチャンスがあります。

 

両団体とも待遇は同じですが、提出書類や提出期限に少し違いがありました。詳しくは以下をご覧ください。

 

日本学生支援機構(JASSO)

中国政府奨学金 | 中国 | 外国政府等の奨学金 | 海外留学のための奨学金 | 海外留学支援サイト

 

日中友好協会

留学のご案内|公益社団法人 日本中国友好協会(日中友好協会)

 

ちなみに、日本学生支援機構(JASSO)と日中友好協会は併願も可能です。私は併願し、両団体から内定をいただきました。最終的には日中友好協会を通して行くことに決めました。

両者の違いは、

日本学生支援機構(JASSO)は1年間の留学終了時に、大学が許可すればもう1年の延長が可能

日中友好協会は月に800文字のレポートを提出する

の二点です。

確証はありませんが、日中友好協会の方が希望の大学に行きやすいと聞いたのでこちらを選びました。

 

出願時の提出書類

私は併願したので、集める書類の量が多かったですが、基本的には両団体とも同じです。

 

志願書

フォームに個人情報を記入します。

この中で希望大学を第三希望まで選んで書きます。希望以外の大学に派遣される場合もあります。申し込みの注意にも「北京の大学は人気があるので、北京以外の都市も考慮すること」とあります。

 

小論文(志望動機)

日本学生支援機構(JASSO)は単に志望動機(日本語・中国語)、日中友好協会は「日本、中国、わたし~公費留学にあたって~」というテーマ(日本語のみ)でした。文字数の違いはありましたが、ほぼ同じ内容で提出しました。

 

留学中の学習計画書

日本語・中国語の2つを作成します。

日中友好協会は文字数の縛りがなかったので、A4に半分弱書きました。

日本学生支援機構(JASSO)は志望動機に含んでの文字数だったので、結果的に同じくらい書いたと思います。

 

・語学検定の合格証明書

・日本の大学の在学証明書(日・英/中)

・日本の大学の前年度までの成績証明書(日・英/中)

・高校の卒業証明書(日・英/中)

・高校の成績証明書(日・英/中)

・パスポートのコピー

 

これらの書類のコピーが何枚も必要で、コピー代と証明書類の発行料でいくら使ったか分かりません(笑)

期末試験期間中に用意したのでかなり大変でした^^;

日本語・中国語の両方で書く書類も多く、何度も中国語の先生やネイティブの友達に添削してもらいました。

 

書類提出は期限厳守です。募集が始まるのはけっこうギリギリですが、毎年必要書類に変更はほぼないので、早めに準備しましょう。特に英文の証明書は発行に1,2週間かかったりします。

 

志望動機

学業成績証明書なども提出しますが、書類審査の決め手になるのは志望動機書ではないでしょうか。

熱い思いをぶつければ良いと思います。

私は「第二外国語だけどこれだけやってきました!」「でもまだ勉強したいんです!」ということを

・朗読コンテスト入賞

・南京短期留学

・中国人の友人

・中国語検定3級取得

のエピソードを交えて書きました。

 

私の申し込んだコースの場合、語学検定は出願に必須ではありませんが、志望動機書や面接でアピールできるので取得しておくと少し有利になると思います。

(ちなみに私はHSKは未受験でした)

 

まとめ

私はギリギリまで出願するかどうかを迷っていて、書類を集め始めるのが遅く、かなり焦りました。高校の先生にも無理を言って、早く証明書を作っていただいたり・・・。

 

少しでも出願を考えているなら、結果的に出願しないことになるかもしれなくても、一応早めに書類を集めることをおすすめします。

期限に一日でも遅れると受理されません!ご注意を!

 

次回は面接試験について書こうと思います。

 

 

ところ変われば味変わる!中国の美味しい料理あれこれ

こんにちは、ハルカです。

 

私は昨年の夏休みに1か月間南京に短期留学、今年の2月には10日間の上海・北京旅行に行きました。

 

私が南京、上海、北京で食べた美味しい料理をご紹介します!

 

 

麺類

 

f:id:chunhua1223:20170713234645j:plain

上海で食べた大排面(豚肉ラーメン)

 

日本のラーメンより麺がもちもちしています。

ちなみにこれ、周りに習って注文したのですが、朝食です(笑)

 

f:id:chunhua1223:20170713234604j:plain

こちらは南京で食べた刀削面(刀削麺)。

 

麺の食感が最高!日本でも食べたことがなかったので初めてでした。

 

f:id:chunhua1223:20170713234625j:plain

凉面(涼麺)。これも南京です。

 

きしめんのような冷たい麺です。冷やし中華っぽいです(中国に冷やし中華ありません笑)

アーモンドが効いてて美味しい!もう一度食べたい中国のごはんの上位に入ります!

 

 

写真を振り返ると、やたらと麺類ばかりたべてました。

好きなのありますが、中国料理は基本的に大勢でいくつもの料理を取り分けて食べます。一人旅や、留学中も少人数や1一人で食べることが多かったので麺類ばかりになったんです(笑)

f:id:chunhua1223:20170713234623j:plain

人数に合わせて料理数を考えて注文します。

日本人は小食なので、人数+1皿くらいが丁度いいです。

中国人の友達と食事に行くと、あっという間に色々と考えて、バランスよく注文してくれるので助かります(笑)

 

 

 

 

f:id:chunhua1223:20170713234614j:plain

中国の店ではテイクアウトできるところが多く、「食べてく?持ち帰り?」と聞かれます。

ちなみに、なんと、スープが少なめになりますが、麺類もテイクアウトできます!

☝(卵の下に麺があります)

麺を別でビニール袋に入れて持たせてくれます。

 

その他粉もの

f:id:chunhua1223:20170713234629j:plain

上海で食べた包子(小籠包)。

口に入れると、肉汁がじゅわ~っと出てきます。

そのままでも、黒酢につけて食べて美味しいです。

 

f:id:chunhua1223:20170713234608j:plain

南京で食べた、ワンタン!

中国のお店にしては珍しく(?)愛想のいいおじさんのお店(笑)

なんと、1杯5元(約100円)です!おなかいっぱい!めちゃくちゃおいしい。

大学から近かったので、昼休みに食べに行ったりしました。

 

ちょっと変わったシリーズ

f:id:chunhua1223:20170713234633j:plain

南京にて。

立派なエビだな~と思ったら、なんとザリガニでした!

 

味付けがかなり辛かったですが、美味しかったです。

 

f:id:chunhua1223:20170713234631j:plain

こちらの串は、羊さん。

日本では羊肉はあまり食べませんが、中国では特に珍しくはありません。

少し臭みがありますが、味付けで全然気になりませんでした。おいしい。

 

f:id:chunhua1223:20170713234628j:plain

こちらは南京大学の留学生寮の学食です。

中央の皿にご注目を!鶏のあたま...!?

メニューは日替わりなのですが、ときどき盐水鸭(カモの塩ゆで)が出ます。

鴨も日本では一般的ではないですよね。

南京ではどこの店のメニューにもあります。日本人好みの味だと思います。おいしい。

 

f:id:chunhua1223:20170713234619j:plain

これは何でしょう??

 

正解は・・・

 

ウシガエルです・・・!!!

 

こうして観ると原型が分からないですが、ゆでたカエルを取り出して、網で焼いて、タレを塗る過程を見てました。

f:id:chunhua1223:20170713234615j:plain

f:id:chunhua1223:20170713234616j:plain

味はおいしいです!鶏肉と白身魚の間みたい。

手の指とか、小さい骨があって食べにくかったですが^^;

 

郷土料理

f:id:chunhua1223:20170713234626j:plain

南京で有名なのが、鸭血粉丝汤(ヤーシエフェンスータン)。

はるさめと鴨の血を固めたものとパクチーが入っています。

これはどこの店に行っても、ほとんど同じ味でした。

 

鴨の血!?

と思われるかもしれませんが、私は好きでした!

以前台湾で豚の血を固めたものを食べたときは口に合いませんでしたが、鴨はオッケー^^

人によるかもしれません。

 

上海では食べられる店もありましたが、北京では見つけることができませんでした。

地域によって違う料理が楽しめて、面白いですね!

 

f:id:chunhua1223:20170713234642j:plain

北京で食べた四川料理

具を選べるのですが、セットで注文しました。

赤いのと白い粒は唐辛子!白い方が辛かったです。

辛さも選べて、微微辣(ほんのすこしだけ辛い)を選んだのですが、十分辛い!!

ごはんがすすみました。

北京出身の友達は私より辛いのが苦手なようでした。中国人みんなが辛さに強い訳ではないんですね(笑)

 

f:id:chunhua1223:20170713234638j:plain

上海料理だそうです。

知り合いの中国人のお姉さんがちょっといいお店に連れて行ってくれました。

手前の鍋はあっさりしたスープ。隣の黒いのは、ウナギ!とっても美味しかったです。

 

デザート

f:id:chunhua1223:20170713234635j:plain

エッグタルト!

美味しいお店が多かったです。

5個買ったら1つおまけがつきました。

中国では买一送一(一つ買ったら一つおまけ)などがよく見られます!

 

f:id:chunhua1223:20170713234637j:plain

上海の観光地ではどこでも瓶に入ったヨーグルトがあります。

冷えていて美味しいですが、なぜヨーグルト?

北京でもたまに見ました。

 

f:id:chunhua1223:20170713234620j:plain

タピオカミルクティー!

太った原因!!\(^o^)/

 

CoCoは台湾発のお店で、ドリンクの種類がたくさん!特にタピオカミルクティーが有名です。

お得なので、いつも大杯(Lサイズ)を買っていました・・・太りました。

 

氷を少なめ、無しで注文してもギリギリまで入れてくれるのが嬉しいです。

 

実は最近、渋谷に日本1号店がオープンしたんです!!

全国展開してほしいな~

 

まとめ

いかがでしたか?

中国で食べた料理は、日本の中華料理と全然違いました。

他の地域の料理も食べるのが楽しみです。

 

美味しいものばかりなので、食べ過ぎ太りすぎに気を付けます(笑)

 

留学前にしたいこと!留学中にしたいこと!

こんにちは、ハルカです。

 

9月から留学が決まっていますが、7月も半ばにかかろうとしているのに受け入れ大学が決まらずドキドキしています。

 

今日、「7月31日頃受け入れ先を通知予定」と通知が来ました(笑)

あと3週間の我慢ですね。

 

 

 

留学前にしておきたいこと

イギリスと南京での短期留学の経験と、長期留学した人の話から考えてみました^^

 

思い出作り

f:id:chunhua1223:20170713002915j:plain

出国前に、会いたい人に会っておきたいです。

大学の友達とゆっくり話したり、これを機会に久しぶりに中高の友達や幼馴染にも。

 

また、1年間休学するので同級生より1年学年が遅れることになります。

大学の同級生はそろそろインターンシップを始めたり、企業調べをするなど就職活動に向けて動き出しています。

私が帰国するころには多くの人は内定先が決まっていて、授業数も減り、大学で顔を合わせることも少ないでしょう。たくさん話しておきたいです!

 

半年間を共にした、同じゼミの仲間ともう同じ机を囲むことがないと思うと寂しいです。夏休みのゼミ合宿(?)が楽しみです!(幹事になったんだった・・・)

 

お祭りや花火など、夏のイベントも満喫したいです!

 

温泉に行く

中国には、日本のように湯船に浸かる習慣がありません。

南京留学での留学生寮もシャワーのみでした。

中国人の友人によると、「他の人が入った湯船に浸かるなんてキタナイ!」だそうです(笑)

しかし私は日本人・・・日帰りでもいいので、温泉に行けたらいいな~と思います。

f:id:chunhua1223:20170713010043j:plain

北京にて。お風呂屋さんはけっこうあります。南京には大学内にもありました。

 

f:id:chunhua1223:20170713010205j:plain

お値段。こちらは1回500円くらいのようですね。

足のマッサージまで!

今回の留学も寮にシャワーがあると思いますが、銭湯も行ってみます。

 

家族孝行

現在まで私は実家暮らしで、家を離れたことがありません。

留学や旅行で家を空けても1度もホームシックになったことはないのですが(笑)、家族には少なからず心配をかけていると思います。

出発まで忙しくなりそうですが、家族との時間も大切にしたいです。

 

特に、今年大学受験の妹は県外の大学を志望しているらしく、私が帰国したら家にいないかもしれません(泣)

勉強の邪魔にならない程度に構ってもらいます(笑)

がんばれー!

 

勉強

4番目にして出ました、一番大事な勉強(笑)

毎日少しでも中国語の勉強をします!

留学のはじめに、クラス分けのテストがあるはずです。頑張ります!

 

ごはん

お寿司、てんぷら、うどん、カレー・・・日本食を食べておく!

・・・のは特に考えていません(笑)

 

短期留学では、「日本食が恋しい!」ということはそんなにありませんでした。

なんでも美味しく食べられるのが私の特技です(笑)

それに、中国でも日本食は食べられます!

f:id:chunhua1223:20170712225137j:plain

南京で見つけた日本料理店。

突っ込みどころ満載です。

 

少し値段が高い場合が多いですが、街中では日本食だけでなく、世界各国の料理が食べられます。

食べものの心配は全くしていません!

 

強いて言えば、母の味を味わっておこうと思います。

日本に留学している中国人の友人も、「一番食べたいのはお母さんの手料理」と言っていました。

 

留学中にしたいこと

勉強以外にもたくさんやりたいことがあります!

友達作り

私は大学内の留学生寮で生活することになると思います。

行き先によってどこの国の留学生が多いかは異なりますが、日本人学生以外とも積極的に仲良くなりたいです。

 

留学生以外のコミュニティ

北京の中では日本人学生が比較的少ない大学を希望していますが、どこへ行っても多かれ少なかれ日本人学生がいます。

「日本人と絶対話さない!」とは思いませんし、同じ日本人同士で高め合うのも良いことだと思います。

 

しかし、やはりせっかく留学するので、小さいコミュニティに留まっていることがないようにしたいです。

本科の中国人学生や、学外のコミュニティも何か見つけたいです。

ネイティブの友人を作り、本物の中国語や文化に触れたいです!

 

二胡

f:id:chunhua1223:20170713003043p:plain

出典:Wikipedia

 

中国の伝統楽器「二胡」。

私は二胡の音がとても好きで、いつか弾いてみたいと思っています。

もともと音楽が好きで、中学高校では吹奏楽部でオーボエを吹いていました。しかし楽器を留学に持って行くのは難しいので、新しく二胡にチャレンジしたいです!

サークルのようなものがあれば参加してみます!演奏会も探して行ってみます^^

 

南京再訪

私は南京留学で、現地の友達とその家族にとてもお世話になりました。

市内を案内してもらったり、家に招いてもらいました。寮生活でしたが、通いすぎてホストファミリーのようです(笑)

f:id:chunhua1223:20170713001959j:plain

 

お父さんは英語ができる方だったので、中国語がわからないときは英語で会話しましたが、お母さんは中国語しか話せません。

友達は日本語学科で日本語が上手なので、お母さんと話すときは通訳をしてもらいました。

f:id:chunhua1223:20170713002109j:plain

お母さん、本当に料理が上手!

親切にしてもらって美味しい手料理をごちそうになったのに、上手く感謝が伝えられず悔しい思いをしました。

留学の後半に再び南京を訪れ、今度は自分のことばで感謝を伝えたいです!

 

ブログ継続

頑張ります(笑)

 

卒業論文フィールドワーク

私は日本の大学でゼミに所属し、3年生前期から少しずつ卒業論文を書き始めています。テーマ選んだのは北京の下町「胡同(フートン)」。

 

留学先が北京以外になるかもしれないし、他にもっと興味があるテーマが出てきたら変えるかもしれませんが、いずれにしろ中国と観光について書くつもりです。

現地にいる間に、たくさんフィールドワークをしてデータを集めたいです!

 

旅行

中国にビザなしで滞在できる期間は2週間。

留学中の長期休みなら、思う存分旅行できます!

この機会に色んなところに行きたいです。

同時期に違う都市に留学している友達とも会えたらいいな~

 

文通

いまどき文通(笑)

と思われるかもしれませんが、手書きの温かさと、気長に待つ感じが好きなんです。

消印や、ボロボロになっているのを見ると「ああ海を渡ってきたんだな~」と思います。

というわけで、日本の友達や違う国へ留学する友達と手紙を送り合う予定です^^

 

 

まとめ

充実した留学生活が送れるよう、今からできることは準備していきます!

特に留学前のことで、アドバイスがあればコメントお願いします^^

 

はじめまして!

はじめまして!ハルカです。

 

私は2017年9月より約1年間、中国に留学予定です。

このブログでは、留学生活で見たこと、感じたことを書いていこうと思います。

 よろしくお願いします^^

 

 

自己紹介

私は現在、日本の大学に通っています。

中国政府の公費留学で、3年生の後期から1年間休学して中国に行きます。

行き先はまだ決まっていませんが...(今月中に通知が来ますドキドキ)^^;

 

旅行と写真と、顔はめパネルが好きです!!

 

 f:id:chunhua1223:20170627145223j:image

顔はめパネルは、観光地にあるこういうのです👆笑

南京・中山陵のお土産屋さんで。

 

 

今までにイギリス・オックスフォード、中国・南京でそれぞれ1か月の短期語学留学を経験しました。

f:id:chunhua1223:20170628154234j:image

 f:id:chunhua1223:20170628154425j:image

 

旅行が大好きで、よく一人旅もします!

 

海外旅行は留学中も含め

ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルク)、イギリス(ロンドン、オックスフォード)、中国(南京、上海、北京)、台湾(台北)、オーストラリア(ケアンズ)

に行ったことがあります。

 f:id:chunhua1223:20170628154521j:image

f:id:chunhua1223:20170628154653j:image

f:id:chunhua1223:20170628155048j:image

f:id:chunhua1223:20170711163938j:plain

 

留学中も、中国国内をたくさん旅行できたらと思っています!

 

 

なぜ中国語?

大学で、中国語は私の専門ではありません。

第二外国語としてたまたま選択しただけで、最初は中国語も中国にも全く興味がありませんでした。

 

しかし良い先生方や中国人の友達に出会い、伝わる楽しさを知り、「中国語っておもしろい!」と思うようになりました。

 

大きな変化があったのは、中国語朗読コンテストと、その副賞で参加した南京での短期留学です。

 

一般的に、日本では中国や中国人のイメージって良くないですよね。

私も心のどこかでそう思っていました。

 

しかし!

私が南京で出会っ現地の学生、お世話になった家族はみんな温かく良い人たちばかりでした(暑苦しいくらいに笑)。

 

ギャップ萌え、とでも言いましょうか。笑

私は言葉だけに限らず、中国という国の魅力にハマってしまいました。

 

また、英語と違い全くのゼロからのスタートだったこともあると思います。

ただの「音」でしかなかったものが、少しずつ勉強していくうちに「ことば」になっていく感覚が面白いです!

 

 

ブログを書く理由

記録

1年もの長い期間で、様々な経験をすることと思います。

ブログを書くことによって、留学生活で見たこと・感じたことを記録したいと思いました。

 

経験をシェアしたい

一番の理由はこれです。

記録だけなら日記帳に書けばいいですが、せっかく経験することを自分だけのものに留めておくのはもったいないですよね。

 

さらに、私が申し込んだのは中国政府の公費留学です。

学費と寮費が無料で、さらに月に3000元(日本円で約5万円)が生活費として支給されます。

つまり、ほぼお金をかけずに長期留学ができるんです!!

ありがたい。

 

自費で中国の大学(行き先はまだ未定ですが希望の大学の場合)へ1年間留学した場合、学費、寮費、生活費を合わせると100万円以上費用がかかります。

つまり中国政府は国民の税金を使って、外国人の私のために100万円を投資してくれるということなんです。

 

これを考えたとき、私を選んでもらったのだからその期待に応えたいと思いました。

 

 中国の良いところ、面白さ、現地からの生の声を伝えることが勉強以外で私にできる一番の恩返しではないかと思い、ブログを始めることにしました!

 

近況報告

中国では国の政策によってインターネットの制限があり、日本で使われているLINEなどのSNSも使えません(抜け道はありますが不便です)。

 

日本にいる家族や友人・知人に近況報告、生存確認(笑)と、留学の様子を伝えるためにもブログを書くのは良いことだと思います。

電話やメール、SNSで連絡を取っても、なかなか細かく話さないでしょうから^^

 

まとめ

このような経緯でブログを始めることにしました!

見守って頂けたら嬉しいです。

アドバイスなどもお待ちしています!

 

よろしくお願いします\(^o^)/