北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、北京第二外国語学院に留学中です。

ツッコミどころ満載? 中国の遊園地「欢乐谷」のハロウィンへ行ってみた

本格的に寒くなる前に、ということで。

先日、中国人の友達と一緒に北京にある遊園地欢乐谷へ行ってきました!

 

10月13日~31日はハロウィンの期間です。

ハロウィンは中国語で万圣节

 

f:id:chunhua1223:20171023154644j:plain

 

欢乐谷

北京欢乐谷は北京市の西、朝陽区にある遊園地です。

英語の名前はHappy Valley Beijing といいます。

2006年にオープンしました。

 

欢乐谷は北京以外にも、上海、天津、深センなど中国各地にあります。

 

最寄駅

地下鉄7号線 欢乐谷景区駅

 

営業時間

8:30~22:00

 

入場料

終日券: 260元

夜の部(17:00~): 180元

年間パス: 大人780元、子供(120~150cm)580元、65歳以上580元

 

ネットからだと安く買えますが、中国人の身分証IDがいるため、外国人は窓口で買うしかありません。

パスポートをお忘れなく。

 

私は前日の夜に中国人の友達がネットで買ってくれて、夜の部のチケットを172元で購入できました。

中国人と一緒に行くならお願いするといいですね。

 

 

夜场(夜の部)へ行ってみた!

f:id:chunhua1223:20171023161709j:plain

夜の部は17時から入場です。

16時半ごろ着き、並んで開園を待ちます。土曜日ということもあり、結構混んでいました。

 

開園前もアトラクションに乗るのにも並びましたが、よくイメージされる並ばない人はほとんどいなかったです。2月に行った上海ディズニーもそうでした。

日本のメディアのいう中国が全てではないってことですね。

 

 

f:id:chunhua1223:20171023161713j:plain

 

余談ですが、中国は今(2017年10月18日~24日)、5年に一度開かれる共産党大会の期間です。今年は第19回目なので「十九大」の文字を至る所で見かけます。

遊園地の入口にまで。。

 

アトラクション

欢乐谷のアトラクションは絶叫系が多いです。

(もちろん怖くないものもあります。)

 

f:id:chunhua1223:20171023163551j:plain

こちらのジェットコースターに挑戦。

 

一番初めの写真の一番大きいジェットコースターは、17時半までということで乗れませんでした。

他にも早く終わってしまうアトラクションも多いので、たくさん乗りたい方は終日チケットで朝から行きましょう。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20171023163550j:plain

30分弱並びました。

f:id:chunhua1223:20171023163633j:plain

荷物は奥の棚に置きます。

なんと、ラッキーなことに(?)一番前!あまり絶叫系に進んで乗る方ではではないので、中国にて人生初のジェットコースター先頭

 

 

 

 

しかし一番前でジェットコースターを操作する場所に近かっただったことで、乗る前に見てしまいました。

 

 

 

係員さん、スマホでゲームしてる!!

命かかってるんだから!頼むよ~

別の意味で怖かったですが、無事終了。

 

ジェットコースターとしては、ほどよく怖くて楽しかったです。

 

 

 

 他にもいくつか乗りました。

f:id:chunhua1223:20171023165117j:plain

ぐるぐる回転するやつ。

 

 
f:id:chunhua1223:20171023165942j:image

 フリーフォール

ちなみに中国語でフリーフォールは跳楼机(飛び降り自殺マシン)と言うそうです・・・!

 

夜なので、一番上で園内のライトアップが見渡せました。

 

 

ハロウィン=お化け屋敷

 

日本では、お化け屋敷といえば夏ですが。

ハロウィンということで、期間限定お化け屋敷が10か所も! 

 

日本とはかなりハロウィンのイメージが違うようです。

f:id:chunhua1223:20171023170841j:plain

 

 

f:id:chunhua1223:20171023171024j:plain

 首つってる~

 

 

 

 

f:id:chunhua1223:20171023171256j:plain

また首つってる~

 

ハロウィンってもうちょっと楽しいイメージだったんですが・・・けっこう生々しかったです。

 

 

でもお化け屋敷は全然怖くない!

怖さのレベルが1~5まであって、3まではお化けに扮した人間はいません。人形や動くオモチャだけ。

 

4、5のレベルでも、基本的にお化けのやる気がないので怖くないです。

 

ジェットコースターのときのように、スマホでゲームしてるお化けもいたり。

日本のまじめなお化けを見習ってほしい!

1回だけまじめなお化けがいて、そこそこ怖かったですが。休憩から戻ったとこだったのかな。

 

あまり反応がないとお化けがガッカリしてやる気をなくすので、大げさに怖がってみたり。

10箇所もお化け屋敷に入ると、後半はお化けの扱いになれてきました(笑)

 

 

一緒に行った中国人の友達も「全然怖くない!」と言ってました。

冬休みの日本旅行富士急ハイランドに行くそうなので、ぜひ日本クオリティのお化け屋敷を体験してほしいです(笑)

 

 

キャストやパレードもお化け

 
f:id:chunhua1223:20171023182120j:image


f:id:chunhua1223:20171023182136j:image

 

 

 

子供と戯れるゾンビ
f:id:chunhua1223:20171023180215j:image

 

 

お化けのパレード
f:id:chunhua1223:20171023180251j:image


f:id:chunhua1223:20171023182241j:image


「もう少しダンス練習してよ」と言いたくなるお化けもちらほら。

それはそれで面白かったです。

 

 

日本のテーマパークと違うところ

コスプレしてる人が少ない

日本のディズニーやUSJでは、コスプレやおそろいの服を着ている人が多いですが、ほとんど見なかったです。

 

ハロウィンなのでいつもよりは多いようですが、ロリータ(おそらく趣味で着ている)やハリーポッターのローブの人を何人か見たくらいです。

耳のついたカチューシャをしている人と、顔にペイントをしている人はいました。

 

ちなみに上海ディズニーに行ったときも全然見なかったです。

やっぱり日本人はコスプレ好きなんでしょうか?

 

 

食べ物持ち込みオッケー!

多くのテーマパークがそうであるように、園内の物価は高いです。

学食の4倍くらい(なんで学食と比べてしまう笑)。

 

食べ物飲み物の持ち込みがオッケーなので、持って行くと節約できます。

上海ディズニーも持ち込みオッケーでした。

 

 

園内が暗い

夜の園内は、灯りがあまりなく暗いです。

看板も暗くて見えず、スマホのライトで照らしました。

f:id:chunhua1223:20171023174251j:plain

頑張って明るく撮ってこんな感じ。

 

f:id:chunhua1223:20171023175541j:plain

 遊覧するアトラクションに乗ったとき上から撮りましたが、やっぱり暗い。

遠くに見える街が明るいですね。

 

 

まとめ

f:id:chunhua1223:20171023175728j:plain

色々とツッコミどころがありましたが、(逆にそれが?)楽しかったです。

 

アトラクションに並ぶのにちょっと時間をとられましたが、長期連休明けや月曜日は空いているそうです。

 

旅行で北京に来てわざわざ行くところではないかな~と思いますが、長期で滞在しているなら1度行ってみるのもいいかもしれません。

 

ちなみに上海ディズニーに続き、北京では2019年にユニバーサルスタジオがオープン予定だそうです。

その頃は日本にいますが、オープンしたら行ってみたいです。