北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、北京第二外国語学院に留学中です。

万里の長城、ベストシーズンはいつ?夏と冬、「慕田峪」と「八達嶺」へ行ってみて。

こんにちは、ハルカです。

 

北京はすっかり冬になりました。朝と夜は気温がひと桁です。

 

暑いと言っていた頃が懐かしい...。

ということで、今更ですが9月末に遠足で万里の長城慕田峪長城)へ行ったときのことを!

 

慕田峪長城って?

f:id:chunhua1223:20171031135354j:plain

万里の長城」としかあまり知られていませんが、観光地化されている長城は数カ所あり、慕田峪はそのうちの一つです。

北京市内から車で2時間程で行くことができます。

今回は学校から貸し切りバスで行きました。個人では、ツアーや車をチャーターして行くことができます。

 

私は2月に八達嶺というところへも行ったので、2度目の長城でした。

八達嶺は北京市内から一番近い長城。公共交通機関で行くことも可能です。

以前、地下鉄と列車での行き方をこちらで紹介しました。↓

人生一度は行きたい!世界遺産万里の長城~八達嶺長城への行き方~ | Backpackers Wire

 

 

 

 

まだまだ暑かった!

9月末の長城は、まだまだ暑かったです。

朝は涼しかったものの、登っているうちに暑くなってきました。温度調節ができる服装で行きましょう。


f:id:chunhua1223:20171031135528j:image


f:id:chunhua1223:20171031135536j:image

 クラスメイトと。暑くて登るのも大変でしたが、歩きながらたくさん話せて楽しかったです!

 


f:id:chunhua1223:20171031135715j:image

跳びたくなっちゃいます。

 

 

 

2月下旬、9月下旬の2回長城へ行ってみて

2月に八達嶺へ行ったときは、下旬だったのでコートを着て丁度いいくらいの気温でした。

f:id:chunhua1223:20171031140143j:plain

冬の八達嶺(女坂)

 

寒すぎず、長城に登るにはとてもよかったです。この時も青空!

写真を撮ると、中国人観光客のカラフルなダウンジャケットが映えます。人がいない写真も壮大でいいですが、これもけっこう好きです。

 


f:id:chunhua1223:20171031140250j:image

しかし季節はまだ冬。

木は葉が落ちています。これはこれで良いですが、今回の青々とした山は更に綺麗でした!

f:id:chunhua1223:20171031140502j:plain


 

本当に暑かった!

暑い中登るのはけっこうしんどいです。水を多めに持参しましょう(長城に入ってからの売店は、普通1、2元の水が10元もします)。

これ以上暑いのはつらい...。

 

長城には日差しや風を遮るものがありません。

暑くても寒くてもツライ

よって、個人的には春か秋に行くことをおすすめします。

 

北京の秋は短いためあまり長い期間は見られませんが、紅葉の季節に行くときれいだそうです。

寒さに耐える自信があるのなら、雪景色も良さそうですね。ただ、北京は寒くてもあまり雪が降らず、降ってもなかなか積もらないのでタイミングが難しそうです。

 

 

八達嶺と慕田峪、どちらへ行く?

やはり北京市内から近いだけあって、八達嶺の方が観光客が多い印象です。

しかし、慕田峪にも観光客はたくさんいます。私たち以外の観光バスも何台も停まっていました。

混雑を避けるために慕田峪にするなら、平日に八達嶺に行くのがいいかなと思います。

 

バスの着く場所から長城の入口にたどり着くまで、慕田峪の方がかなり遠かったです。

 

 

 

「より観光客の少ないところへ行きたい!」という方は、少し遠いですが金山嶺長城や、司馬台長城へ行きましょう。

金山嶺へ行った友達は「貸し切り状態だった」と言っていました。

 

どんな姿の長城が見たいかによって、行く場所と時期を選びましょう。

 

 

 

できれば誰かと一緒に・・・。

八達嶺へはひとりで行きましたが、長い長い長城をひとりで黙々と登るのはけっこう辛いです!

色々と考える時間になって良かったですが、やっぱりひとりはきつい!

誰かと一緒に行くことをおすすめします(笑)

 

一人で行ったら、他に一人で来ている人に声をかけて一緒に登ると気がまぎれます(笑)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

長城へ行く際は、できればたっぷり時間をかけてほしいと思います。

滞在時間が短いツアーも多いですが、できれば1日時間を取って長城へ行ってみてください!

 

どこまでも続く長城をぼーっと眺めるだけで、中国の広さと歴史の長さを感じられるはずです!