北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、北京第二外国語学院に留学中です。

中国留学に来て、韓国語をちょっと習得する話。

こんにちは、ハルカです。

 

1年間の留学に来ていますが、既に2か月半が過ぎました。

今学期で帰国する友達との別れを意識し始める今日この頃です。。

 

今回は、最近のマイブーム「韓国語」についてです。

 

f:id:chunhua1223:20171117155851j:plain

 

クラス編成

私のクラスは、全員で24人

国籍は、

韓国14人日本4人デンマーク2人、カナダ1人、フランス1人、インドネシア1人、ロシア1人。

クラスの半分以上が韓国人です。

 

大学内の留学生数も韓国人が一番多く、どこにいても韓国語が聞こえてきます。

北京の別の大学や、中国の他の都市でも韓国人が多いみたいです。

 

 

韓国語を習ってみる

これだけ韓国人がいるし、せっかくだからこの機会に少し韓国語を覚えたい!

ということで、韓国人の友達に1日1つ簡単な韓国語を教えてもらっています。

(発音だけですが。ハングルは難しい・・・)

 

日本語と韓国語は、お隣の国ということもあり似ているところが多い気がします。

発音とか、文法とか。

 

 

 

最近覚えたことば

・簡単な挨拶

・寒い(一番使います)

・おなか減った

・ビールが飲みたい

・一緒に飲みに行こう

・楽しみ!

・やったー!

 

・・・韓国語で飲みに誘えるようになりました(笑)

 

 

日本語ができる韓国人が多い

韓国では高校の選択外国語で日本語があるらしく、日本語を勉強したことのある人がけっこういます。

 

簡単な日本語を知っていたり、かなり会話ができる人も。

クラスの韓国人の一人は高校の頃日本に留学していたらしく、日本語ペラペラです。

 

 

韓国人の友達「日本語1つ知ってる!」

私「言ってみて」

韓国人の友達「オマエノ顔面ブサイク」

私「・・・」

彼に日本語教えたの誰!!??

 

 

 

相手の国の言葉に興味を持つ

中国に来る前は、韓国や韓国語にはあまり興味がありませんでした。

韓国語はK-POPや韓ドラが好きな人が勉強するものだと思っていたくらいです(笑)

 

でも中国に来て、たくさん韓国人の友達ができて、彼らの話す言語や文化に興味を持つようになりました。

相手のことをもっと知りたいと思いますし、日本や日本語に興味を持ってもらえるのも嬉しいです。

 

 

外国語を教え合うのが流行り始めた!

最初は私と韓国人とフランス人の友達の3人で始めた「1日1韓国語講座」でしたが、きづけばクラスで母語を教え合うのが流行っていました(笑)

 

デンマーク人や韓国人のともだちは、毎朝中国語でなく日本語で挨拶してくれます。

そして韓国語で返します(笑)

 

フランス語とデンマーク語も教えてもらいますが、なかなか覚えられない・・・!

ごめん~

 

 

まとめ

留学に来ましたが、語学のクラスメイトは留学生だけです。

中国にいても、いろいろな国の友達ができ、視野が広がったと思います。

 

今学期で帰国する友達が多いので寂しいですが、それぞれの国に帰っても連絡を取り合って、今後も関係が続いていくといいなと思います。

 

 

友達に習う韓国語の方がまじめに復習しがちですが(?)、中国語もしっかり頑張ります(笑)