北京留学あれこれ日記

休学中。中国政府奨学金で1年間北京に留学中。旅行、写真、食べること、音楽、そして…顔はめパネルが好きです。

「中国人についてどう思いますか」と聞かれて

こんにちは、ハルカです。

たまには真面目な話を。

 

先日、中国人の友達に「異文化コミュニケーション」という授業の宿題でインタビューされました。

 「中国人についてどう思いますか?」

 

f:id:chunhua1223:20171211142144j:plain

質問① 中国語を勉強する前、中国人に対するイメージはどうでしたか。

 

正直、良くないイメージでした。

マナーが悪いとか。

高校の頃は、国語学科を受験する友達がまったく理解できませんでした(笑)

(私は中国語学科ではなく、国際系の学部です。)

 

でも今思うのは、それは日本で報道される中国がそういう場面を切り取ったものばかりだから

中国に行ったこともないのに、中国人と話したこともないのに、「中国はああいうところ」と決めつけていました。

 

こちらに来て分かったのは、中国の日本に対する報道の仕方も同じだということ。反日映画もたくさんあります。

なんてもったいない。

 

 

質問② 中国に来て、中国人に対するイメージはどう変わりましたか。

 

180度変わったと言っても過言ではありません。

中国人は仲良くなると本当に親切。暑苦しいくらいに。 

(あまり「中国人」「日本人」と枠で囲んで考えるのは好きではありませんが。)

日本人はある意味ドライというか、他人のことはあまり踏み込まない気がします。

日本人にはない「熱さ」が好きです。

 

日本人は「察する」文化ですが、中国人のものの言い方はストレート。日本人にとっては「きつい」と感じるかもしれませんが、それもまた文化

はっきりしていていいなとも思います。

 

「ストレートに考えを口にする」文化のために、中国に駐在されている日本人の方の中には「日本で働くよりストレスが少ない」と言う方も

 

 

質問③ イメージを変えるきっかけは何でしたか。

 

中国人との交流です。

 

日本の大学で知り合った中国人学生や、バイト先のゲストハウスに泊まっていた中国人旅行者。留学で出会った友達。

 

彼らはみんな親切で、以前持っていた「良くない中国」のイメージとはかけはなれていました。

彼らと出会って初めて、「中国人」という枠ではなく「同じ一人の人」として相手を見る大切さを知った気がします。

 

 

じゃあ中国人と直接交流する機会のない、メディアからしか中国を知れない人は?

中国の良い部分を知っている人が発信していかない限り変わらないと思います。

だから少しずつですが、こうしてブログを書いたり、周りの人に話したりしています。

 

 

まとめ

日中関係(中国にいるので中日関係と言うべきでしょうか)は以前よりは良くなってきているものの、まだまだ中国や中国人にたいするイメージがよくない人が多いと思います。

 

でもその「イメージ」は誰が作ったものですか?

 

中国ってこんなに良いところ、中国人だってこんなに素敵な人がたくさん、ということを伝えて行けたらと思います。

 

 

今年2017年は、両国の国交正常化45周年の節目の年。

お互いにもっと分かり合えたらいいなあと思います。

 

chinaryugaku.hatenablog.com