北京留学あれこれ日記

2017年9月より1年間、中国政府奨学金で北京に留学中。留学ブログが旅行ブログ化しつつあります。

長期旅行中の洗濯事情と便利グッズあれこれ

こんにちは、ハルカです。

予定を早めて長沙を出て、「張家界」という街まで来ました。

 

 

 

長期旅行では短期の旅行と違い、どうしても洗濯をする必要があります。

 

洗濯機があるゲストハウスもありますが、無いところも多く、あっても有料の場合がほとんど。

 

そこで私の場合、旅行中の洗濯は手洗い。

 

 

北京での留学生活では寮の洗濯機を利用していますし(ミャンマー人のルームメイトは頑張って手洗いしています)、日本では実家暮らしなので、恥ずかしながら洗濯はほとんど母にやってもらっていました。

 

という訳で、人生初の手洗い洗濯です。

 

 

 

日本にいた時、世界一周した先輩が「折りたたみバケツがあると洗濯に便利」と言っていたのを思い出し、出発前にタオバオ(通販サイト)で購入しました。

f:id:chunhua1223:20180205200228j:image 

ナイロン製のものです。

 

 

使ってみると、

確かに便利!!

 

 

私はいつもシャワー室で洗濯しています。

お湯を溜めて、洗剤と服を入れてつけ置きもできますし、中でゴシゴシ擦ることもできます。

 

揉み洗いが面倒になると、足を突っ込んでふみふみ。

f:id:chunhua1223:20180205010658j:image

子供の頃トトロを観た時は「洗濯=洗濯機」しか知らなかったので、このシーンがイマイチ理解できませんでしたが、なるほど。

今になって実感。

 

 

お湯で洗うので足湯にもなって気持ちいいです。

去年上海のゲストハウスで、同じ部屋の中国人のお姉さんが足湯していたのを見て「いいな〜」と思っていたので、一石二鳥?

 

 

洗ったらぎゅ〜っっと絞ります。

握力付きそう。洗濯機の脱水機能って素晴らしいですね。

 

 

乾かす時は、ベランダがあればベランダで。

無ければ仕方なく部屋干しです。北京の寮でもベランダが無く部屋干しなので、そこは慣れました。

 

ちなみに、北京の場合は空気が乾燥していて、洗濯物がすぐに乾きます。お肌や喉には良くないけど便利。厦門で靴下が2日経っても乾いていなかったのには驚きました。

 

 

 

大抵のゲストハウスにハンガーがあるので、そこに干します。

 

 

 

旅行に便利な洗濯グッズ

軽いハンガーを1本だけ持って来たのですが、最初に泊まった宿に寄付しました(忘れてきました)!

小さくなる折りたたみのハンガーをいくつか持参するのもアリですね。

 

便利な携帯 ハンガー 5個入り(旅行、出張に)

便利な携帯 ハンガー 5個入り(旅行、出張に)

 

 

 

あとは「何かに使えるだろう」と持ってきたS字フックが、洗濯物を干すとき以外と役立ったりします。

洗濯以外の用途は、またご紹介します。

 

 

ニッサチェイン クロームエスフック 165mm A-83

ニッサチェイン クロームエスフック 165mm A-83

 

 

 

洗濯ピンも何個かあると尚良し。

 

 

 

宿の洗濯機を使う場合は、洗濯ネットがあると服が傷みにくい&洗濯物を運ぶのにも便利です。

持って来ましたが、私はずっと手洗いなので結局使っていません。 北京の寮では使っています。

 

 

 

 

 

こんな時は洗濯のチャンス★

①同じ宿に連泊するとき(1晩では乾かない場合もあるため)

②干す場所がたくさんあるとき

③部屋にエアコンがあるとき(早く乾くため)

 

洗濯物はなるべく溜めないのがベストですが、必ずしも毎日できる訳ではありません。

洗濯のチャンスは逃さずに!

 

 

 

 

バケツ購入の際に注意!

f:id:chunhua1223:20180205200747j:image

洗う分には便利な折りたたみバケツですが、初めて使ったとき早速底に穴が空きました(最初から空いていたのか?)…。

 

と言っても、外側のオレンジと内側のグレーとで二重になっているため、2枚の間に水が溜まるかたち。使えなくはないのですが、使用後に水を抜くのが面倒です。

 

そのため、下着やタオルだけの洗濯はバケツを使わず、シャワーの時に一緒に洗っています。

 

これから購入する方は、しっかりした物を探した方が良さそうです😔

 

 


 

 

 

 

長期で旅行しなければ、今の時代手洗いで洗濯するなんてなかなかありませんよね(手洗い指定の洋服以外)。

昔の人は凄いな〜と思うと同時に、現代の技術に感謝です。

洗濯するだけで、かなり時間と労力を使います!

 

 

なんだか旅行に来て少し、生きる力が付いた気がします(笑)

 

 

(とは言えもちろん、北京に戻ったら洗濯機を使いますよ。)