北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

武陵源のおすすめスポットと周り方

こんにちは、ハルカです。

 

中国の自然遺産の中でも有名なのが、アバターのモデルにもなった、湖南省・張家界にある武陵源!

f:id:chunhua1223:20180314141715j:image

 

日本人にも人気の観光地ですが、広大な敷地にも関わらず、調べてもあまり周り方のコツが出て来ませんでした。

 

そこで、現地で聞いたりして実際に歩いた私が、おすすめスポットと周り方の例をご紹介します!

 

 

 

 

 

武陵源風景名勝区

f:id:chunhua1223:20180314143626j:image

武陵源風景名勝区は、湖南省張家界市に位置し、総面積は264㎢もあります。

 

張家界国家森林公園、天子山自然保護区、索渓峪自然保護区、楊家界景区の4つのエリアを中心に構成されています

1992年に世界自然遺産に登録されました。

 

2009年には武陵源がモデルとなった映画アバターが公開され、一躍有名になりました。

f:id:chunhua1223:20180314164932j:image

 

 

 

入り口は5つありますが、武陵源ゲートと森林公園ゲートの2箇所がメインです。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314144504j:image

武陵源ゲート↑

 

武陵源ゲートの近くにはホテルやゲストハウスが沢山あるので、この辺りに宿を取ることをおすすめします。

 

 

 

 

チケットを買う

チケットは時期によって値段が違います。

f:id:chunhua1223:20180313145553j:image

3月〜11月 一般245元/優待123元

12月〜2月 一般136元/優待68元

優待料金は18歳未満、大学生、60歳以上が対象。6歳未満、70歳以上は無料。

 

チケットの料金に加え、3元の保険料がかかります。

 

 

f:id:chunhua1223:20180313145458j:image

チケットはカード式。4日間有効です。

1日目の入場の際に指紋を登録し、2日目以降はチケットと指紋認証で本人確認があります。

 

 

 

 

敷地内専用バスを利用する

f:id:chunhua1223:20180313235852j:image

広大な敷地内には専用のバスが走っていて、一般車両は入れないようになっています。

チケットを購入して入ってしまえば、敷地内専用バスに乗り放題です!これを利用しない手はありません。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314144945j:image

各バス停は、方向ごとに待つ場所があります。

時間間隔は決まっていませんが、遅くても20分に1本は来ます。

 

 

 

 

広大な敷地

泊まったゲストハウスでもらった地図です。意外と手に入らないので、宿にあったらぜひ貰っておきましょう!↓

f:id:chunhua1223:20180314000057j:image

何度も「それ便利そうね、どこで買ったの?」と聞かれました。みんな地図無しでどうやって周っていたんでしょう…?

 

 

広すぎて1日ではとても周りきれません。最低でも3日間必要です。

チケットは4日間有効なので、かなり疲れますが、日程に余裕があれば4日間丸々満喫するのも良いでしょう。

 

私は3日間だったので、3日間のおすすめの周り方を紹介します!

 

 

 

 

1日目

天子山、楊家界、袁家界の3カ所を一気に周ります。天子山のロープウェイを利用することで時間短縮になり、1日で3カ所行くことができます。

 

天子山

f:id:chunhua1223:20180314145530j:image

まず武陵源ゲートから入り、バスに乗ってロープウェイ乗り場下(索道下站)へ向かいます。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314001433j:image

一般72元、学生43元もします…!

往復料金は少しお得になるもののやはり高い…学生で良かったと心から思いました。

入場チケットはお得感がありましたが、このようにオプションの乗り物に乗ると高くつくようです。しょうがないか。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314001622j:image

値段は高いですが、すぐに山頂に着く上に景色も最高です!

 

 

ロープウェイを使わずに天子山に登って降りるなら、1日ここだけで終わってしまうでしょう。日程と体力があれば十里画廊路口バス停
へ向かい、歩いて天子山に登るコースでもいいと思います。

f:id:chunhua1223:20180314150732j:image

徒歩のコースにも見所がたくさんあるようです。

 

私は初日だったため何が何だか分からず、知らぬ間にロープウェイ乗り場行きのバスに乗っていました(笑)

 

 

 

楊家界・袁家界

天子山からバスに乗り、楊家界の入り口「鸟龙寨路口」バス停へ向かいます。

途中下車できるポイントにも見所があるので立ち寄るのも良いでしょう。

f:id:chunhua1223:20180314151034j:image

 

楊家界は少し入って見る程度にしました。

私は3日間でしたが、4日間ならここに時間をかけるのもありです。

 

 

 

その後、バスで天桥车站へ。

f:id:chunhua1223:20180314151924j:image

袁家界エリアを歩きます。

 

后花园(後花園)というポイントはこんな感じ!

おすすめです。

f:id:chunhua1223:20180314152159j:image

f:id:chunhua1223:20180314161410j:image

すごい!

他に観光客は誰もいなかったので、この絶景を独り占めでした。

 

f:id:chunhua1223:20180314152233j:image

后花园は通過ポイントにある感じで、あまり広くはありません。売店が1つあり、おばちゃんが暇そうにしていました。

 

 

迷魂台というポイントもあります。ここのバス停から上降車するのもありです。

 

 

 

エレベーターで一気に降りる

f:id:chunhua1223:20180314152639j:image

天桥车站、または迷魂台车站からバスに乗り、百龍エレベーター(白龙电梯)を目指します。

 

え、エレベーター?

 

 

f:id:chunhua1223:20180314153026j:image

あるんです。エレベーターが!

 

2002年に作られたこのエレベーター、なんと330m!世界一長いエレベーターなんです!

高低差がありすぎて、途中で耳がつまりました。

建設の際には環境に良くないと反対も多かったそうです。確かにね…でもすごい。

 

 

バス停近くのチケット売り場でチケットを購入し、エレベーターへ向かいます。

一般72元、学生43元。

f:id:chunhua1223:20180314153320j:image

f:id:chunhua1223:20180314153303j:image

アバターのデザイン?(無許可でしょうね)

 

 

降りたところにバス停があり、武陵源ゲートへ向かうことができます。

疲れた!!

 

 

 

2日目

金鞭渓

金鞭渓では、ハイキングをしながら1日目に見た景色を下から見られます。

 

f:id:chunhua1223:20180314153720j:image

ひたすら1本路が続きます。

ゲート間を結ぶ敷地内専用バスはないので、武陵源ゲートから入ったら、森林公園ゲートから出ることになります。

 

森林公園ゲートからは、「武陵源行き」と書いたバスに乗って武陵源バスターミナルへ戻ることができます。1乗車10元、45分ほどで着きます。

 

もちろん反対向き(森林公園ゲートから入り、武陵源ゲートから出る)でも大丈夫です。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314154508j:image

f:id:chunhua1223:20180314154533j:image

気持ちいいハイキングコースです。

 

f:id:chunhua1223:20180314170140j:image

昨日上から見た景色を下から。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314154631j:image

よくお猿さんに遭遇します。

可愛いですが、食べ物は上手に隠しましょう。

パンが入った袋を持っていたら襲われてトラウマです…サルだけど。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314154751j:image

水もきれい!夏だったら子供が川で遊ぶのも楽しそう。

 

自然に囲まれて気持ちが良かったです。

1日目とは違った雰囲気が楽しめました。

 

 

 

3日目

黄石寨

ここへ行かずして武陵源へ行ったとは言えない!と言われました。武陵源で1番有名なエリアです。

f:id:chunhua1223:20180314165412j:image

「不上黄石寨,枉到张家界!(黄石寨に行かないなら張家界に来た意味がない!)」

 

 

f:id:chunhua1223:20180314155025j:image

森林公園ゲートから出入りするのが近いです。

 

 

私は3日目で疲れていたので、往復ロープウェイのチケットを購入。

往復ロープウェイに乗るなら半日で足りるので、最終日の朝から行って、午後のバスで武陵源を出ることもできます。

 

もちろん、時間と体力があれば徒歩や片道ロープウェイで行くこともできます。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314155531j:image

ここにもお猿さん。

 

 

f:id:chunhua1223:20180314155632j:image

スポット名は忘れましたがいい感じ。

 

 

前花园(前花園)という1番有名なスポット!

f:id:chunhua1223:20180314155724j:image

f:id:chunhua1223:20180314155827j:image

すごい!

もちろん綺麗でしたが、私は人も少ない袁家界の后花园(後花園)の方がお気に入り。

でもここは、180度に近いくらい、かなり広い範囲でこの景色が続いているのが見られます。

 

 

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180314165242j:image

アバターも推してました。

 

 

まとめ

チケットは4日間有効ですが、私は3日間でくたくた…もう1日滞在することもできましたが、疲れて3日間にしました。

 

ロープウェイやエレベーターを利用したお陰で時間短縮になり、3日間でかなり満喫できたと思います。

 

 

しかし、ロープウェイやエレベーターにたくさん乗ると結構チケット代がかさみます(学生料金で良かった…)。

時間に余裕があれば、なるべく徒歩のコースを選ぶことで節約することもできます。

 

 

日程、体力、お財布事情に合わせて、上手な周り方を考えてみてください( ˆoˆ )/

 

 

 

 

武陵源についてはこちらもどうぞ↓

 

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

chinaryugaku.hatenablog.com