北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

【中国のインターネット規制】日本との連絡手段あれこれ

こんにちは、ハルカです。

 

中国に滞在するにあたって、他の多くの国と違うのはインターネット規制があること。

日本で普及しているサービスでも、使えないものがたくさんあります。

 

日本の家族、友達、学校との連絡手段を紹介します。

 

 

中国で使えないサービス

f:id:chunhua1223:20180316150631j:image

まず、中国では規制対象になっているサービスの例を挙げます。(2018年3月現在)

 

・LINE

Twitter

Facebook(messengerも)

Instagram

YouTube

Google全般

・Yahoo検索(メール、ニュースはオッケー)

 

などなど。

どれも日本ではよく使うものですね。

 

 

 

 

私が使っている方法

①メール

f:id:chunhua1223:20180316150913j:image

SNSが普及している今ですが、メールも重要な連絡手段。特に日本の所属大学、私の場合は奨学金でお世話になっている日中友好協会の方とはメールでやり取りします。

 

日本ではgmailを使っている人も多いと思いますが、中国ではGoogleが規制対象になっており、gmailも基本的には使えません。

 

そのため、私は出発前にYahooメールのアドレスを作りました。

しかし、2017年10月からYahooでの検索(メール、ニュースは使えます)も規制対象になったため、使いづらくなった部分があります。

 

Yahooメールだけでもなんとかなりますが、念のためOutlookのメールアドレスを取得し、現在はこちらをメインで使っています。

Outlook.com - Microsoft free personal email

 

 

 

 

 

微信(wechat)

f:id:chunhua1223:20180316143242p:image

中国でスマホを持っている人ならほぼ100%利用しているメッセージアプリです。

日本でいうLINEのような感じ。

(wechatの方が更に色々な機能もありますが、ここでは触れないことにします)

 

日本からでも問題なく使えます。家族や仲のいい友達には、連絡手段としてインストールしてもらいました。

これでいつでも連絡することができます。

 

1番よく見るので、確実に早く連絡が取れる方法だと思います。

 

 

 

 

VPNを使って壁越えする

f:id:chunhua1223:20180316143417j:image

VPNを介して規制されているサービスを使う行為は、通称「壁越え」と言われています。

 

VPNを使えば、上記の規制対象のサービスも使うことができ、日本と連絡が取れます。

 

無料のVPNアプリもありますが、規制が進んで突然使えなくなり、別のアプリを探すことがよくあります。更に、無料VPNからウイルスに感染する危険性があります。その為、私は有料のVPNを使っています。

(私の周りでは無料のVPNをずっと使っている人の方が多く、問題なく使えているようです。でも月に1000円ちょっと出して有料VPNを使った方が安心だよ、とオススメしておきます。)

 

以前、iPhoneが無料VPNからウイルスに感染し(?)、大変なことになりました↓

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

現在使っているのは、インターリンクのセカイVPNです。

→ セカイVPN いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス- INTERLINK

 

 

 

 

④規制対象外のサービスを代わりに使う

 

【日本語検索】

連絡手段とは少しずれますが、紹介しておきます。

f:id:chunhua1223:20180316151000p:image

日本でインターネットを使って調べごとをするとき、ほとんどの方がYahooかGoogleのどちらかを使うと思います。

GoogleGoogleマップgmailを含めて全て使えませんし、Yahoo!も検索は規制対象になりました。

 

しかし、他にも検索エンジンは色々あります。

私が最近よく利用しているのは、Bingという検索エンジンです。こちらはまだ使えます(2018年6月現在)。

Bing

 

 

 

【メッセージアプリ】

f:id:chunhua1223:20180316151256p:image

②のwechatは便利ですが、日本では中国人の知り合いがいる人以外はまず使っていません。

家族以外の人には、他に使う用事もないのにインストールしてもらうのもな…と思うかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、Skype(スカイプ)です。

パソコンのイメージがあるかもしれませんが、スマートフォンのアプリもあります。

 

LINEと同じようにメッセージや写真・動画を送ることができ、電話やビデオ通話も可能です。

(送った写真の画質が悪くなるのが残念)

 

まだ規制対象になっていないので(2018年6月現在)おすすめです。

 

 

以前、中国にいる私、日本にいる友達、フランスに留学中の友達の3人でSkypeでビデオ通話をしました。

少し時間差はあるものの、問題なく使えました!

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

最初は不便でしたが、慣れてしまえばどうってことありません。

 

どうしても使いたいときはVPNを使っていますが、中国独自のアプリも便利なものが多いです!

 

とはいえ、渡航前に連絡手段について家族や友達と相談しておくと安心です。

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ。中国は、スマホ1つで何でもできるスマホ先進国なんです!↓

chinaryugaku.hatenablog.com