北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

珍しい!湖の景色も楽しめる万里の長城「黄花城水長城」へ行ってみた

 こんにちは、ハルカです。

 

 

万里の長城と言えば、こんな姿を想像しませんか?

f:id:chunhua1223:20180416194715j:image

 

実は万里の長城は、何箇所か観光地化されている場所があり、これは一番有名な八達嶺というところです。

 

↓八達嶺と慕田峪へ行ったので、今回は3度目の長城でした。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

今回は、ちょっと珍しい湖の景色も楽しめる長城、黄花城水長城へ行ってきました!

 

 

 

場所・交通手段

f:id:chunhua1223:20180416124206p:image

水長城は北京の郊外にあります。

八達嶺長城慕田峪長城より少し遠いです。

 

公共交通機関で行くこともできるようですが、おすすめはしません。ツアーに申し込むのが一般的です。

私は大学の部活のメンバーで行きました。

 

市内からチャーターした車で行きました。

行きは朝早かったので1時間半弱で着きましたが、帰りは渋滞していて2時間くらいかかりました。

 

 

 

ダム

f:id:chunhua1223:20180416185139j:image

魚の形!

 

長城のすぐ隣にダムがあるため、水長城と呼ばれます。このダムが湖のように美しく、人気があります。

 

水と長城の景色はあまり見られる場所がないため珍しいそうです。

 

ちなみに、黄花城というのは長城とは関係なく、ここの地名です。

 

 

 

野城

f:id:chunhua1223:20180416185244j:image

万里の長城は観光地化されている場所がいくつかあり、それ以外の場所は野城と呼ばれ、整備されていません。

 

道が岩と砂利だらけだったり、崖になっていたりします。

危険なので野城は立ち入り禁止で、入るのは違法です。一応。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そう、ここは中国。

さすがに観光地化されている長城より人は少なめでしたが、私たち以外にも人がいました。

みんな本気の登山装備です。

 

普通に人がいるので、入ってはいけない場所という感じが全くしません。

おそらく、外国人向けで野城に行くツアーは少ないのではないでしょうか。

 

水長城に行くツアーはありますが、長城には登らないかもしれません。

地球の歩き方にも、「長城に登ることはできない」と書いてあります。

f:id:chunhua1223:20180416193202j:image

 

 

水長城は普通に入り口から入り、整備されている場所だけ見るなら50元ほどかかります。

f:id:chunhua1223:20180416193259j:image

↑正式な入り口。

 

 

しかし、野城ならタダで入れてしまいます。

あくまで違法なのでおすすめはしません。

(私たちは道を通る時に地元の人に10元払いました)

 

行くなら、道に詳しい中国人と一緒に行くのがベストです。

 

 

 

こんな景色が見られます

お待たせしました。水長城の景色です。

f:id:chunhua1223:20180416184905j:image

おおー!綺麗!

 

 

f:id:chunhua1223:20180416194037j:image

 

 

f:id:chunhua1223:20180416194002j:image

こんなところから撮っています。

野城なので、ここに登るのも降りるのもなかなか大変でした。

 

 

f:id:chunhua1223:20180416184942j:image

座るとちょっと怖い。

でも気持ちいい!!マチュピチュとかこんな感じなのかな?

 

 

f:id:chunhua1223:20180416184954j:image

長城の窓から見えるのもいい感じ。

 

 

 

ちなみに、きちんとお金を払って入るとダムの近くの道を歩いたり、湖を船で渡ることもできるようです。

f:id:chunhua1223:20180416194233j:image

 

 

 

写真部&登山部

↓私は留学先の大学で、写真部に所属しています。

chinaryugaku.hatenablog.com

 

今回は、写真部と登山部のコラボ企画で水長城へ行きました。

 

写真部4人と登山部6人の合計10人で行きました。

登山部の1人が、この水長城(及び周辺の野城)に詳しく、案内してくれたので助かりました!

f:id:chunhua1223:20180417064747j:image

写真部の一人が撮ってくれました。

右下の爺さん、勝手に写っといて「撮影料払え」って。いや頼んでないし。

 

 

登山部が登山靴で来たのをみて、大袈裟だな〜と思っていたら大変なことになりました。

 

f:id:chunhua1223:20180417064620j:image

f:id:chunhua1223:20180417065112j:image

下手したら死ぬかも。

必死でした。

 

 

私のスニーカーはまだ良かったのですが、写真部の2人の靴がかなり滑るようで、みんな傷だらけです。

 

私も7分丈のジーンズで行ったら擦りむいて、消毒を持っていた登山部の子に手当てしてもらいました。用意がいい。ありがとう〜

写真部が完全に登山部の皆さんのお荷物でした(笑)

 

 

野城に(もし)行く際は、滑り止めがしっかりした登山用靴、肌が隠れる服装をおすすめします。

 

(登山靴なんて持ってないけど、野城に行くなんて知らなかったし!)

 

 

日焼け止めやウエットティッシュなどもあると良いです。

温度調整ができるような服装で行きましょう。

水も大目に持って行くことを忘れずに。

 

 

 

まとめ

万里の長城は、観光というより登山です。

観光地化されていない野城ならなおさら。

しっかり準備して行ってくださいね!

 

 

水長城は、他の場所とは違った景色が楽しめて良かったです。

二度目の長城という方には特におススメです!

 

 

他の長城と同じく、北京市内から日帰りで行けるので、ぜひ行ってみてください^ ^

 

 

 

ただ、水長城は正直ちょっとマイナーなスポットです。

↓「雄大な景色が見たい!」「初めて万里の長城に行く!」という方は、八達嶺か慕田峪が良いと思います。 

chinaryugaku.hatenablog.com