北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

忘れたくない!日本で中国語に触れる方法10個

こんにちは、ハルカです。

 

 

1年間の北京での留学が終わり、日本の生活に戻りました。

せっかく勉強した中国語を忘れたくない!!

ということで、私が中国語に触れるために日本でやっていることを紹介します。

 

 

 

 

1. ラジオを聴く

実は、日本にいてもスマホで中国のラジオが聴けるんです!

私が使っているアプリはこちら↓

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

2. 音楽を聴く

f:id:chunhua1223:20180922005219j:image

車の中や通学中など、普段から中国語の歌を聴いています。

音楽だと声調が無くなるのでラジオの方が良いですが、聞かないよりはいいし楽しいです。

歌詞を調べたりするのも⭕️

 

 

 

3. スマホの設定を中国語にする

f:id:chunhua1223:20180924062949p:image

留学中からずっとスマホの設定を中国語にしています。

特定の言葉にはなりますが、毎日見るので自然と覚えられます。

 

 

 

4. アイドルの動画を観る

 これはほぼ趣味、楽しみですが、中国のアイドルの動画を観ています。

楽しいし、好きだし、好きなものは覚えられます。

ミュージックビデオだけでなくバラエティーっぽいものも多く、「ネイティブはこういう風に言うのか」と勉強になります。

 

アイドルでなくても、自分の好きなものなら楽しみながら続けられるのでおすすめです。

 

↓最近応援しているグループ。毎日weiboで動画が配信されているのでチェックしています!

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

 

 

5. 留学生と仲良くなる

大学に復学したので、学内の留学生との交流会に行ってみました。

私の大学は中国、台湾からの留学生が多く、友達ができやすいのでありがたいです。

 

交流会に参加するだけでなく、留学生が多い中国語の授業も取っています。私の留学していた大学から来ている子たちもいました!

 

 

 

6. 道案内をしてみる

中国人観光客がたくさんいます。

先日は家電量販店でスーツケースいっぱいに買い物した中国人のお姉さんたちがスマホの地図とにらめっこしていたので、声をかけて道案内しました。

 

中国でたくさんの人にお世話になったので、今度は私が少しでも力になれたらと思います。

 

あ、この前は変なおじさんに絡まれていた中国人のお姉さんたちを助けました。

 

 

 

7. ゲストハウスでバイト

留学前にアルバイトをしていたゲストハウスで再び働き始めます。

中国、台湾の宿泊客が多く、中国語を話す機会もあって楽しいです。

 

用事があって行った東京でもゲストハウスに泊まり、中国語を話す機会がありました。

アルバイトは難しくても、ゲストハウスに泊まってみたりするのも良いと思います!高確率で中国人宿泊者に出会えます。

 

 

 

8. 友達と電話

f:id:chunhua1223:20180922005909j:image

時間が合うときは、留学で出会った中国人や他の国の友達と電話やテレビ通話をしています。

 

留学中1番仲の良かった友達は韓国人なので、今度韓国へ遊びに行くつもりです。

 

 

 

9. 授業を受ける

単位は足りているので取らなくても卒業できるのですが、中国語の授業を週に3コマ受けています。

 

単位にはなりませんが、他学部の授業や既に履修済みの科目にも潜らせてもらっています。

「やる気のある人の手伝いはいくらでもしますよ」と言ってくださる先生方に感謝です。

 

 

 

10. 中国語の本を読む

f:id:chunhua1223:20180922005736j:image

小説も読みますが、最近は中国語のガイドブックを読んでいます。

楽しいし、中国人に紹介もできるし、意外と知らないことも多いし、良いこと尽くしです。

 

 

 

 

まとめ

帰国後も、自分から探せば中国語に触れる機会は意外とあります!学生の間は特に。

 

スマホの設定などは今すぐできるので、試してみてください!