北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

麗江2日目!ナシ族の村、白沙と束河古鎮へ

こんにちは、ハルカです。

 

麗江2日目は、少数民族、纳西族(ナシ族)の人が暮らす白沙束河古鎮へ行ってきました。

 

↓1日目に行った麗江古城はこちら

chinaryugaku.hatenablog.com

 

 

行き方

まずは香格里拉大道というバス停を目指します。市内からバスで行くことができます。

f:id:chunhua1223:20180825221045j:image

 

 

ここで6番のバスに乗り換え。市の中心部から行くと、道を挟んだ反対側のバス停になるので注意。

f:id:chunhua1223:20180825220731j:image

なかなか6番が来なくてだいぶ待ちました。

 

 


到着

f:id:chunhua1223:20180825220736j:image

というバス停で降ります。

帰りもここから乗るので覚えておきましょう。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180825220851j:image

バス停はこんな感じ。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180825221303j:image

入場料がかかるので外だけ。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221331j:image

けっこう高いので諦めました。

 

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221336j:image

トンパ文字がかわいい。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221326j:image

ナシ族のおばちゃん。このあたりでよく見かけた食べ物だけど、何だったんだろう。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221256j:image

少し歩いてみます。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221311j:image

でっかい松ぼっくり。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221320j:image

ナシ族のおばあちゃん。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221250j:image

落ち着いた雰囲気。観光地ではありますが、麗江古城と違って地元の人の生活圏という感じ。

 

 

 

f:id:chunhua1223:20180825222523j:image

またトンパ文字。意味を想像するのが楽しい。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221523j:image

この通りはお洒落で落ち着いた雰囲気の雑貨屋さんやバーがありました。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221653j:image

野菜を売るナシ族のおばあちゃん。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221543j:image

観光客もちらほらいますが、麗江古城と違って少数民族の人たちの暮らしが垣間見られます。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221700j:image

誰もいない〜静かです。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221537j:image

昼間ということもあり、たまにある小さなバーも欧米系の観光客が数組いるのみ。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825222532j:image

コーヒーショップ☕️

水路があるので橋が架かっています。

おしゃれ。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221711j:image

こちらはカフェ。外観かわいい!店員さんはゴツい。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825222527j:image

こちらのカフェは欧米系外国人がオーナー店長でした。

 

 


f:id:chunhua1223:20180825221921j:image

何屋だったんだろう?

 

 

束河古鎮へ

白沙のあとは、束河古鎮へ行きました。

麗江古城と白沙の間にあるので、バスで戻る途中で下車します。

運転手に伝えておくと安心ですが、人がたくさん乗り降りするところなので分かるはず。

 

 

f:id:chunhua1223:20181101103224j:image

観光用の馬車。ここは麗江古城の小さい版という感じです。

 

 


f:id:chunhua1223:20181101103257j:image

外れの方は割と落ち着いた雰囲気。

 

 


f:id:chunhua1223:20181101103251j:image

中心部。夜は麗江古城と同じようにお祭り騒ぎになるんでしょうか…観光客で賑わっていました。お洒落なカフェやバーがたくさんあります。

 

 


f:id:chunhua1223:20181101103242j:image

でも麗江古城よりは生活感があります。

中国人は観光地でよくフルーツを買って食べ歩いたりしています。ちなみにどこでも量り売りです。

 

 


f:id:chunhua1223:20181101103218j:image

水が綺麗!野菜を冷やしたりしていました。

 

 


f:id:chunhua1223:20181101103246j:image

ナシ族?のおばちゃんの屋台。

観光地というのもあり、意外と共通語(中国語)が通じます。ただ地元の人同士の会話は本当に分からない。

 

 


f:id:chunhua1223:20181101103236j:image

じゃがいも食べました。その場で揚げて何やら辛いのをかけてくれた。



 

まとめ

時間があればぜひ、白沙まで足を伸ばしてみてください。落ち着いた雰囲気が好きな方におすすめです。

 

束河古鎮は麗江古城のコンパクトバージョンという感じなので、時間があまりなければ白沙だけ行って戻ってもいいと思いました。