北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

北京から外国に荷物を送る方法と注意点

こんにちは、ハルカです。

 

先日、フランスにいる友達に頼まれて、北京からフランスへ荷物を送りました。

 

 

国際便を受け付けている郵便局へ

f:id:chunhua1223:20180507235949j:image

どこの郵便局でもいいと言う訳ではなく、国際郵便を扱っている郵便局へ行く必要があります。

北京には50箇所あり、私は建国門というところにある郵便局へ行きました。

こちらで確認できます(中国語)→北京 国际邮局

 

 

パスポートを持参

パスポート番号が必要です。私はパスポートが必要とは知らずに持って行かなかったのですが、パスポート番号を覚えていたのでそれで大丈夫でした。

私は持っていた学生証で代用しましたが、顔写真付き身分証にもなるのでパスポートを持っていくと早いです。

特に中国語に自信のない方は必ず持参しましょう。

 

 

自分と受取人の電話番号

送る相手の電話番号も聞いておきましょう。

住所の後に書きます。書かなくても届くかもしれませんが、あった方が安心です。

 

 

袋を買う

f:id:chunhua1223:20180508085509j:image

まずは送りたい荷物を見せて、それが入る袋を買います。奥のカウンターで買えました。

 

 

f:id:chunhua1223:20180508085715j:image

私は頼まれた書類とスマホケース2つで、3元の袋を購入しました。その場で入れてテープで閉じてくれます。

 

 

住所を書く

f:id:chunhua1223:20180508090338j:image

自分と相手の住所、名前、そのあとに電話番号を書きます。

念のため、フランス行きを強調するためにFRANCEの後に中国語でフランスを意味する「法国」と書きました。

 

 

料金を払う

窓口で重さを図り、料金を払います。

現金かカードかと聞かれました。現金で払いました。73元(約1200円)。

 

この時パスポートを見せます。

 

 

f:id:chunhua1223:20180508090706j:image

こんなシールを渡されて記入するように言われますが、適当で大丈夫です。最後のサインだけでも。

 

フランスまで、問題無ければ約20日で届くと言われました。(EMSならもっと早いでしょう)

 

 

f:id:chunhua1223:20180508090729j:image

レシートみたいなのをもらいました。

ちゃんと届きますように。

 

 

 

まとめ

手紙は国際料金の切手さえ貼ればどこからでも遅れますが、荷物は国際郵便局へ行く必要があるので注意です。

 

 

↓ポストカードはよく送っています!

chinaryugaku.hatenablog.com