北京留学あれこれ日記

2017年9月から1年間北京に留学。バックパックを背負って合計約100日間旅行し、中国20都市以上を訪れました。主に旅行、留学のことを発信します。顔はめパネルが好き。

1年に2回だけ天安門広場に現れる孫文の肖像画

こんにちは、ハルカです。

 

北京を訪れたことがない人でも、天安門毛沢東肖像画のイメージは強いのではないでしょうか。

f:id:chunhua1223:20180505201112j:image

 

しかし、1年に2回だけ、毛沢東と向かい合わせで孫文肖像画が現れるのです。

 

 

 

労働節と国慶

f:id:chunhua1223:20180505201358j:image

5月1日の労働節(メーデー)と、10月1日の国慶の2回です。

 

孫文肖像画が出るだけでなく、天安門広場は花で飾られ、天安門も祝日仕様の飾りが付けられます。

 

f:id:chunhua1223:20180507000743j:image

白い軍服の軍人さん、何時間立ってるんだろう。お疲れ様です。

 

 

こんな感じ

かなり大きいです。

高さ6.5m、幅5.2m、重さ2トンもあるそう!

f:id:chunhua1223:20180505201606j:image

f:id:chunhua1223:20180505201703j:image

 

 

 

毛沢東孫文が向かい合わせ

天安門にある毛沢東肖像画の真向かいに孫文肖像画が設置されます。

 

毛沢東中華人民共和国の建国の父、孫文中華民国の建国の父。

 

この2人が向き合う形になるなんて、すごく変な感じ。

2人とも国のために力を尽くした人、ということでしょうね。

 

孫文辛亥革命のリーダーで、彼がいなかったら今の共産党も無かったはず。

 

 

孫文肖像画が年に2回設置されるようになったのは、1950年。以来毎年行われています。

 

 

 

これまでに南京の中山陵(孫文のお墓)武漢辛亥革命武昌起義記念館など、孫文に関係する場所に足を運んでいるので、またまとめてみようと思います。

 

 

 

まとめ

年に2回しか見られないので、観光で来るのは難しい。北京に長期滞在している特権です。

 

雨が降りそうな天気だったためか、思ったよりも混んでいませんでした(国慶節の方が混みそう)。

 

 

もし5月1日か10月1日に北京を訪れることがあれば、ぜひ天安門広場へ行ってみてください!